matsuyama のすべての投稿

終了間際!紹介キャンペーンあと少し!

みなさん、こんにちは!水曜日担当の松山です。よろしくお願いします!

もうだいぶ夜は肌寒くなってきましたね。季節の変わり目ですので、風邪など引かないように、ご自愛ください。

 

 

話は変わりまして、突然ですがみなさんは、このポスターをご覧になったことはありますか?

 

syasinn

 

これは、今、キャンペーン真っ只中の『紹介入会キャンペーン』のポスターになります!

ロクサン会員のあなたに、ご家族でも、ご友人でも、誰でも構いませんので、どなたかお知り合いの方を紹介していただき、その方が入会してくださると、紹介していただいたあなた自身とそのお知り合いの方の両方に、美味しい物が必ず当たるという期間限定のキャンペーンとなっております!

必ず当たる美味しい物は全部で10種類あり、この中からお好きな物を選んでいただく形になります。

『佐賀牛』や『宮崎牛』(新スタッフ・まどかさんの故郷の名産)などもありますし、個人的には『和のプリン』のセットが美味しそうなので、自分ならこれを選ぶかなーと、チラシを見ながら1人で考えたりしています!←ちゃんと仕事はしてますよ!笑

 

 

 

そして、このキャンペーンですが、実を申しますと、残すところあと10日もないんです(>_<)

9月30日でキャンペーン終了となってしまいます。

しかし、まだ間に合いますので、あなたの周りに体型が気になり始めたという方や、あなた自身がこの人と一緒にロクサンでトレーニングしたいなーと思うような方などがいましたら、是非ともお声がけしてみてくださいね!

キャンペーン終了間際の駆け込み紹介、どんどんお待ちしております!

 

 

ちなみに、ポスター内の『ロクサニスト』という言葉、気になった方はいらっしゃいませんか…?

これは、ロクサンで楽しくトレーニングしてくださってるみなさんのこと、そう!あなたのことでもあるのです!

密かにこの言葉を流行らせようとしている一部スタッフの目論見に、ご協力いただける方はご協力くださいね!笑

鼻呼吸

みなさん、こんにちは!水曜日担当の松山です。よろしくお願いします!

 

 

前回のブログでは、私が起床時の喉の乾きに悩んでいるということと、これは口呼吸が原因となっていること、口呼吸には身体への悪影響があるということなどをご紹介していました。

そして、今回のブログでは、身体に良くない口呼吸は止めて、身体に良いとされる鼻呼吸ができるようになる方法と、鼻呼吸の具体的なメリットをご紹介していきます!

 

 

鼻呼吸は、乾いた空気やウイルスなどを、そのまま身体の中に取り込んでしまう口呼吸とは違い、鼻の中にある鼻毛や濡れた粘膜が、ゴミやウイルス、花粉や細菌、カビなどの侵入を防いでくれるので、風邪やインフルエンザ、アレルギーなどから身体を守ることができます。

 

また、鼻呼吸では、唾液の量が増えるため、口の渇きが原因による口臭や虫歯を予防することができます。

 

その他にも、鼻呼吸には左右の顔の歪みを整える効果があると言われ、鼻筋や口元を引き締めることもできるので、アンチエイジング効果が期待できるのだそうです。

 

さらにいうと、ヨガの瞑想や太極拳の立禅(站椿功)などで鼻呼吸がメインになっていることからも、鼻呼吸には精神を安定させ、メンタルを良好な状態に保つ効果があるといえます。

 

 

 

 

このように、良いことばかりの鼻呼吸を身に付ける方法についてですが、それはとても簡単なんです!

 

 

まずは、意識あるのみです!

「なんだそりゃ!!!」と思わないでください!笑

 

 

自分で口呼吸をしてしまっていると気付いたときに、口を閉じて鼻呼吸を意識する、まずはここから始めていきます。起きているときに関しては、これだけで、だいぶ口呼吸が改善されるはずです!

 

しかし、「寝ているときまで意識できないよ!!!」という方。寝るときは、なるべく仰向けで寝るようにしてみてください。横向きやうつ伏せは、口呼吸になりやすい姿勢なんだそうです。

 

そして、これらをやってみても、どうしても口呼吸が直らないという方は、市販の「口呼吸防止テープ」というものを使ってみてください!テープの力で、強制的に鼻呼吸へ移行させましょう!

のどがカラカラ

みなさん、こんにちは!水曜日担当の松山です。よろしくお願いします!

 

みなさんは朝起きた時に、のどが乾燥してカラカラだったという経験はありませんか?

実は、私はこの症状よくあるんです。これは、睡眠時に鼻ではなく、口で呼吸してしまっていることが原因のようなのですが、この口呼吸は、ものすごく身体に悪いらしいのです…。

 

そこで、今回のブログでは口呼吸のデメリットをお伝えしていこうと思います!そして、次回のブログで、鼻呼吸のメリットや、口呼吸から自然に鼻呼吸ができる身体へと、身体を変えていく方法などを紹介する予定です!

 

 

まずは、自分が普段から口呼吸をしてしまっているのかを判断するためのセルフチェックから!

□ 気が付くといつも口が開いている

□ 鼻が詰まりやすい

□ 口が乾きやすい

□ イビキをかきやすい

□ 口を閉じると苦しく感じる

□ 風邪をひきやすい

□ 朝起きた時に喉がカラカラになる

□ 口臭が気になる

 

 

 

上記の項目に1つでも当てはまる方は、呼吸をするときに口呼吸がメインになってしまっている可能性があります!また、当てはまる項目が多い方ほど、その傾向が強いということになります。

セルフチェックをしてみて、「この中の1つくらいなら、ほとんどの人たちに当てはまるのでは???」と思ったあなた!そうなんです!

実は、人間の大半が口呼吸をしてしまっているのが現状なのです。私たちは、身体の構造上、鼻と口の両方から呼吸をすることが可能です。しかし、哺乳類である私たち人間が口で呼吸をすることは、不自然なことで、人間以外の動物は、鼻呼吸しかしないんだそうです。

 

 

 

では、なぜ、人間だけが口呼吸をするようになってしまったのか。その答えは、人間が言葉を話す唯一の動物だからです。人間は、声を出しやすいようにのどが短くなっており、それによって、人間の体内では気道と食道の一部が交差されています。反対に、人間以外の動物は、気道と食道が別々に分かれているのです。

 

のどが短く、気道と食道の一部がつながっている、このことによって、人間は鼻でも口でも呼吸ができるようになったというわけです。しかし、口呼吸が身体に悪いということは最初にご説明しましたよね。

 

 

 

ここからは、口呼吸がもたらすデメリットを3つ(本当はもっとたくさんありますが、キリがないので代表的なものを3つ)ご紹介していきます!まず1つ目のデメリットは、のどを痛めたり、風邪を引きやすくなる、です。次に、口臭が臭くなる、さらに、虫歯になりやすい、と3つ続きます。

そして、これらはすべて、同じあることが原因で引き起こされる症状なのです。その原因とは、ズバリ、『口内の乾燥』です!!!だいたい想像できてました?笑

上記の3つのデメリットは、『口内の乾燥』によって、のどが傷ついたり、唾液が減ることで菌やウィルスが繁殖しやすくなることが原因なのです。

 

 

 

このように、口呼吸は身体に良くないことばかりなので、みなさんも私と一緒に鼻呼吸ができるように身体を変えていきましょう☆

次回のブログで、「鼻呼吸って、そんなに良いものなの?」「鼻呼吸ができるようになるためには、どうすればいいの?」といった疑問にお答えしていくつもりです!お楽しみに!!!

ドタバタ帰省!

みなさん、こんにちは!水曜日担当の松山です。よろしくお願いします!

 

先週末は24時間テレビの関係で、当クラブは3連休となっておりましたが、みなさんはいかがお過ごしでしたか?

 

私はこの連休を使って、地元の秋田に帰省してきました!

ちょうど大曲の花火大会が開催されている時期だったので、花火大会に行ってきました♪

 

 

 

というのは嘘で、(笑)

 

自分が所属している「 截拳道実践団体 Deffic 」という団体の組手合宿に参加して来ました!

 

大学で少林寺拳法を習っていたときには、あまり組手の練習をする機会がなく、組手には苦手意識があったのですが、この団体に所属して約2年が経ち、今回の組手交流会では、少し楽しみながら色々な方と手を合わせることができました!

 

苦手なことも、続けていくことで、苦手意識が少なくなり、楽しさを感じるまでになれるという経験をすることができました!

 

_20170830_234150

 

また、1年ぶりに、介護施設に入っている祖父と会うこともできました!ほとんど寝たきりなので、昔のように身体を動かすということはできませんが、ボケることはなく、元気そうだったので少し安心しました!

 

1503992810076

 

 

そして、帰省最終日の朝、北朝鮮からのミサイル発射を受けて、Jアラートが作動されたことにより、実家で朝早くから、「地下鉄の通っていない秋田で、どこに逃げればいいのか!!!」と、家族みんなで、てんやわんやするという、楽しくもあり、大変な連休となりました!笑

 

DSC_0054

 

日本に落ちなかったので、笑い事で済ませられますが、本当に命の危険を感じる出来事でした…(-_-;)

肩が上がらない・・・

みなさん、こんにちは!水曜日担当の松山です。よろしくお願いします!

 

前回のブログで、身体のどこかが痛む場合、その原因を明らかにすることがとても重要だということをお伝えしたと思います!

そして、身体のどこかしらに痛みを抱えている方の中でも特に、肩が痛くて腕が上がらないことに悩んでいる方が多くいらっしゃるように感じます。

そこで、今回のブログでは、肩が痛くて腕が上がらない場合に考えられる原因をいくつか紹介していこうと思います。

 

まず、肩が上がらない場合に考えられる原因は、大きく分けて3つあります。

 

1つ目は、炎症を起こしている場合です。この炎症は、一般的によく聞かれる四十肩や五十肩の原因と同じであると捉えていただいて結構です。肩の周りに炎症が起こることで、痛みが出て腕が上がらなくなってしまいます。炎症が原因の痛みの場合は、まず肩周りのストレッチから始めて、肩周りをほぐしてあげることが大切です!

 

 

2つ目の原因は、肩周りの骨や腱などが損傷している場合です。損傷といっても、肩の痛み方は四十肩や五十肩とよく似ています。ただし、四十肩や五十肩とは、必要な治療が全く異なります。損傷の場合は、ストレッチや筋トレなどの運動療法よりも、安静が最優先されます。

しかし、スポーツ選手以外の一般の方は、この損傷が見逃されてしまい、四十肩や五十肩と誤って診断されてしまうことが多いのです。損傷なのか炎症なのかで、治療法を変える必要があるのに、その違いが判断しづらいというのは、かなり厄介ですよね。

 

 

3つ目の原因は、神経に問題がある場合です。神経に問題があると、痛みがないにも関わらず、なぜか身体を思った通りに動かせないという現象が起こります。そして、例えば、右半身や左半身のどちらかが動かない、あるいは、肩が上がらなかったり、足が上がらなかったりなど、全身や身体の一部分にこの現象が起こることがあります。

この3つ目の、痛くないけれども腕が上がらないというのは、非常に恐ろしい病気の可能性が高いので、早急に診察をしてもらってください!!!

 

何はともあれ、ご自身の身体が痛む、あるいは動かないなどの原因は、なるべく早めに突き止めて、正しい治療を行っていきましょうね!

原因究明

みなさん、こんにちは!水曜日担当の松山です。よろしくお願いします!

 

皆様にはお盆の特別営業にご協力いただき、誠にありがとうございました。ロクサンは本日から、通常営業となっております。

しかし、世間では、まだお盆休みの最中のようですね!普段であれば、お昼の時間帯にお見かけしない会員様たちでスタジオやアスレチックジムが賑わっていたので、「世の中はまだ、お盆休みなのか!!!」と実感させられました。笑

 

 

話は変わりまして、つい先日、「肩が痛くて、腕が上がらないよー」という会員様がいらっしゃいました。この会員様に限らず、肩が上がらないことに悩んでいる方は、かなり多くいらっしゃると思います。

 

私たちトレーナーは、病院の先生ではないので、痛みの原因をしっかりと診断することはできません。肩をストレッチさせたり、鍛えたりする方法をご案内することはできても、みなさまの身体の状態を診断して、痛みの原因を突き止めることには長けていないのです。

 

もちろん、「ここが痛むということは、こういったことが考えられるので、この動きは控えましょうね」や、「ここの筋肉が硬いのかもしれないので、このストレッチをやってみましょうか」といったアプローチはできるので、スタッフに気軽に相談してくださるのは、大歓迎です!

 

ただ、あまりにも痛みがひどかったり、日常生活を行えないくらいに痛むというような場合は、一度病院で診てもらうことをお勧めします!

 

 

病院とスポーツクラブを上手に使って、健康な身体づくりを目指していきましょう!

 

 

身体のどこかが痛む場合、その原因を突き止めることは、とても重要なことなのです。なぜなら、痛みの原因が違えば、その痛みを和らげるためのアプローチ方法も、まったく変わってきてしまうからです!!!

 

まずは、ご自身の抱えている痛みの原因を突き止めることを優先してくださいね!

次回のブログでは、肩が痛むことで考えられる原因を調べて、お伝えしていこうと思います!

野菜の保存方法!

みなさん、こんにちは!水曜日担当の松山です。よろしくお願いします!

 

以前のブログで、私は野菜が好きだという話と、野菜をいただく機会があって、一人暮らしの身としては、とてもありがたいという話をさせてもらったことがあります。

その後も、野菜を沢山いただく機会があり、色々な料理に使わせていただきました!ありがとうございました☆

 

 

突然ですが、今、みなさんのご家庭では、野菜のストックがどのくらいありますか?

この時期は、野菜が傷みやすいので、あまり買い置きしないようにしているという方でも、夏は野菜をいただく機会がけっこうあるのではないでしょうか?

それに、ある程度の野菜がストックされていないと、家にあるものでパパッとお昼を済ませたい時など、かなり不便ですよね。

 

 

ということで、今回のブログでは、野菜の正しい保存方法について調べたことを、お伝えしていこうと思います!

 

 

まず第一に、野菜の保存では鮮度を保つことが大切です!そして、野菜の鮮度を保つためには、植物を老化させる働きがある「エチレン」と呼ばれる植物ホルモンから野菜を守ることが重要となってきます。

野菜は呼吸数が増えるとエチレンが増えるといわれています。そのため、野菜の呼吸数を減らすことが、正しい保存方法のポイントなんだそうです。具体的には、日光の当たらない暗い場所で、低温で保存することが大切です。

 

 

野菜の保存場所としては、昔から「縁の下」や「蔵」などが最適とされていますが、今の住環境を考慮すると、多くの野菜を冷蔵庫のなか、そのなかでも特に、「野菜室」で保存することが最適だといえます。

なぜ、冷蔵庫のなかでも、野菜室が良いのかというと、野菜は育った環境に近い環境で保存することが大切です。そのため、原産地が暑い地域の野菜は、低温の環境に弱いため、冷蔵障害を起こしやすく、冷蔵庫での保存が向かないといわれています。

 

里いも、なす、きゅうり、ピーマン、かぼちゃ、じゃがいもなどは10〜14℃の保存温度が最適ですので、野菜室に入れるなどして、冷蔵庫保存は避けましょう。

ちなみに、野菜室とは、その名の通り、野菜を保存するのに適した場所の事で、冷蔵庫内の普通の冷蔵室よりも温度が高くなっています。

 

 

反対に、積極的に冷蔵庫の冷蔵室で保存した方が良い野菜もあります。ブロッコリーやほうれん草、レタスやネギ、にんじんやもやしなどは、野菜だからと野菜室に入れてしまうと、保存に適した温度よりも少し温度が高すぎるので、冷蔵室でしっかりと冷やして保存するようにしましょう!

 

さらには、野菜というのは、カットすることで「エチレン」が発生しやすくなります。そのため、カットしてしまった野菜はすべて、ラップをしたり、ポリ袋に入れるなどして、冷蔵庫で保存すると良いそうですよ!

お茶大好きです!

みなさん、こんにちは!水曜日担当の松山です。よろしくお願いします!

 

 

最近は暑い日が続きますね。水分補給をこまめに行って、熱中症には十分気を付けてくださいね!

 

ちなみに、私の水分補給はもっぱらお茶です。昔から、何か飲み物を買うとき、選ぶときは、決まってお茶ばかりをチョイスしていました。少し前までは、自分の中で緑茶ブームが到来していたので、食事のときはもちろん、運動中も緑茶を飲んでいました。

 

 

みなさん、ご存知の方も多いと思いますが、基本的に、お茶にはカフェインが含まれています。このカフェインは、摂取しすぎることで、下痢・不眠症・不安感・胸焼け・イライラなどの身体に良くない症状を引き起こすことがあります。

また、カフェインには利尿作用があるため、運動中にカフェインを多く摂取してしまうと、お茶を飲んで水分補給のつもりが、反対に水分を外に出すように身体へ働きかけてしまうのです。

 

 

この運動中のカフェインの摂りすぎが身体に良くないという事実を知ってからは、カフェインが入っておらず、身体に優しい麦茶をよく買うようになりました。麦茶にはミネラルが豊富に含まれ、さらには、血流を促して中性脂肪やコレステロールを抑制する働きがあるギャバと呼ばれる成分も含まれているのです。むくみや高血圧にも効果があるとされており、とても身体に良いお茶といえます。

カフェインが入っていないことから、運動中の熱中症対策にも利用できるお茶です!

 

 

しばらくの間、この麦茶にハマっていたのですが、最近は、また新たにウーロン茶にハマっています!笑

ウーロン茶特有の、あの香ばしい風味が個人的にとても好きなのです。

ウーロン茶にはポリフェノールが豊富に含まれており、このポリフェノールには、摂取した食べ物に含まれる余分な脂肪分を、身体の外へと排出してくれる作用があります。そのため、ウーロン茶はダイエットに適したお茶といえます。

 

ポリフェノールには抗酸化作用と呼ばれる働きもあります。抗酸化作用とは、ストレスなどをきっかけとして大量に増えてしまう「活性酸素」を抑制する効果のことです。

さらには、ウーロン茶を飲むことで、多少のリラクゼーション効果も期待できるんだそうです!!!

 

 

普段ジュースばかり飲んでしまうという方がいましたら、たまには、ジュースではなく、お茶を選んでみてくださいね!

実は、あれもスーパーフード!

みなさん、こんにちは!水曜日担当の松山です。よろしくお願いします!

 

ここ最近は全国各地で、大雨による被害が大変なことになっていますね。連日の報道などで、みなさんも既にご存知だと思いますが、私の地元である秋田県でも大雨が降り、浸水被害や公共交通機関への影響がかなり深刻なようです。

しかし、たまたま、私の実家がある能代市では、ほとんど被害がなかったようで、実家は全く大丈夫ですので、ご心配いりません。心配して声をかけてくださったみなさん、ありがとうございました。

 

 

話は変わりますが、今回のブログでは、「スーパーフード」についてご紹介しようと思います。この「スーパーフード」と呼ばれる食品は、健康や美容に関心の高い女性たちの間でブームになり、最近はそのブームも少し落ち着いてきた頃だと思います。スーパーフードを普段から意識的に摂取しているという方も、スーパーフードなんて聞いたこともないという方も、是非この機会に少し覚えてみてください!

実は、私たちが日頃からよくお世話になっているあの食品も、スーパーフードだったりするのです。

 

女性への人気、そして知名度がかなり高いとされるアサイーやココナッツ、キヌアやチアシードに代表される「スーパーフード」ですが、そもそも「スーパーフード」ってなんだろう?というところからご説明いたします。

 

 

「スーパーフード」とは、特定の食品を明確に定義しているわけではないので、一般的な食品よりもビタミン、ミネラル、クロロフィル、アミノ酸などの必須栄養素や健康成分が多く含まれる、おもに植物由来の食品というのが、大きな前提としてあって、あとは、提唱者によって異なった食品が挙げられています。

そして、『日本スーパーフード協会』なる団体が存在し、その協会によると、栄養バランスに優れ、一般的な食品より栄養価が高い食品、あるいは、ある一部の栄養・健康成分が突出して多く含まれる食品、または、一般的な食品とサプリメントの中間にくるような存在で、料理の食材としての用途と健康食品としての用途をあわせもつ食品、これらをスーパーフードの定義にしているそうです。

 

その『日本スーパーフード協会』が世界に推奨する日本のスーパーフードとして、納豆・味噌・甘酒・緑茶の4つが挙げられています。

 

納豆のタンパク質は、人が体内で合成出来ない、必須アミノ酸9種類を全て含んでいるため、タンパク質としての品質は、植物性タンパク質の中ではトップクラスなんだそうです。さらに、「味噌は医者いらず」という言い伝えがあるほど、味噌には様々な効能があり、高い栄養価がある食品と言えます。また、甘酒には、様々な栄養成分がバランスよく、たっぷりと入っているため、「飲む点滴」とまで評されることがあるのです。最後に、緑茶に含まれるカテキンには、老化防止効果や血圧・血糖値の上昇を抑える、殺菌作用で口臭や虫歯を予防するなどの効果があります。

 

 

海外セレブの間で話題となり、ブームに火がついたアサイーやココナッツ、キヌアやチアシードなどのスーパーフードも、もちろん素晴らしい食品だと思いますが、わが日本が誇るジャパニーズスーパーフードも、ぜひ積極的に日々の食事に取り入れていきましょう!日本の食品の方が、手に入りやすく、安価ですしね☆

夏野菜

みなさん、こんにちは!水曜日担当の松山です。よろしくお願いします!

 

先日、夏野菜をいただく機会があり、一人暮らしの身としては、とてもありがたかったです!!!

私は野菜が大好きなので、早速いろいろな料理に使わせていただきましたが、夏にとれる野菜というのは、また一段と美味しく感じませんか?

そこで、今回のブログでは、夏野菜の栄養についてご紹介したいと思います!

 

夏野菜

 

まず、夏野菜のなかでも、私が特に好きなナスについてです。ナスは、その約94%が水分でできているのですが、ビタミンBやビタミンC、カルシウム・鉄分・カリウムなどのミネラル成分、食物繊維などをバランス良く含んでいます。ナスは、生体調節機能が優れていると言われ、特に豊富に含まれている食物繊維には、便秘を改善して、大腸がんを予防したり、血糖値の上昇を抑えて、糖尿病や肥満を防ぐ効果があるんだそうです。さらに、ナスの皮の紫色の色素「アントシアニン」には、抗酸化成分の「ポリフェノール」が含まれており、これらの成分には、身体の老化を防ぎ、動脈硬化を予防し、がんの発生や進行を抑制するなどの作用があります。

 

 

次に、トマトについてです。トマトの赤色に含まれるリコピンという色素には、抗酸化作用があり、老化防止やがん予防に効果があります。さまざまな種類のビタミンに加え、カリウムやマグネシウム、カルシウムや鉄、亜鉛、セレンなどのミネラルも豊富に含まれています。また、トマトというのは、日光をたくさん浴びることで熟していく野菜のため、一年中いつでもスーパーに行けば、手に入るものではありますが、真夏が本来の収穫時期であり、真夏が旬の食べ物といえます。

 

 

続いて、オクラについてです。オクラには独特の「ねばりけ」がありますよね。あの「ねばりけ」の正体は、ガラクタンやペクチンと呼ばれる食物繊維によるもので、これがうまみ成分となって、食欲をそそる要因となります。オクラには、ビタミンCやビタミンB1、加えて鉄分も含まれているので、夏の体力増強に有効な野菜と言え、さらに、整腸作用やコレステロールを低下させる作用もあるのです。

 

 

最後に、ゴーヤについてです。ゴーヤにはペプチドPと呼ばれる物質が豊富に含まれており、この物質が血糖値の調節に効果があるということが、最近の研究で明らかになりました。また、ゴーヤの苦み成分のもとになっているモモルデシンには、血糖値や血圧を下げる作用のほかに、食欲を増進する働きや、整腸作用があることも分かってきたそうです。さらに、ゴーヤには、脂肪燃焼を促す働きがあり、ダイエット効果があるとされる共役リノール酸という成分や、コレステロールや中性脂肪などの血中脂肪の低下に効果的な水溶性食物繊維などが豊富に含まれています。ゴーヤに含まれるビタミンCは、キャベツの2倍とも言われ、加熱してもほとんど壊れないという特徴があります。加熱によってビタミンCが壊れないので、どんな調理法でも、しっかりビタミンCを摂取できるのは、うれしいですよね!

 

今が旬で、栄養価も高く、美味しい夏野菜を、食事の中にたくさん取り入れてみてください★☆★