saito のすべての投稿

本認定

こんにちは。

日曜日担当の西藤です。

今週もご覧いただきありがとうございます。

今日の我が家の子です。

image

父と出勤しているピンキーです。

最近は少し大きくなり、70センチくらいの長さになりました。

少し狭くなったのか、身体がかなりはみ出ています。

 

皆さんにご報告があります。

現在、ボディパンプというレッスンを担当させていただいているのですが、本認定がでていませんでした。

しかし、結果が届きましたのでご報告をさせて頂きます。

 

結果は、無事合格をすることができました。ご声援をありがとうございました。

レッスンに参加して頂いている方はお分かりかと思いますが、まだまだ未熟なところもございます。

皆様にさらに満足、継続、楽しんで参加して頂けるレッスン作りを心がけます。

これからもご自身の身体や、目的に合わせて一緒にボディパンプを楽しみましょう!

まだ参加できていないよ、気になるけどついていけるか不安だよという方でもご参加いただけます。

やってみたいと思う気持ちさえあればどなたでもご参加できます。

是非、気になる方は西藤までお声かけください。

 

そして今年はボディパンプのレッスンで自分自身の身体を変えて、皆様にやる気さえあればお身体が変わることを証明したいと思います。

そして前姿でも、後姿でも説得力のある女になろうと思います!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

来週もよろしくお願いいたします。

冬痩せ鍋料理

こんばんは。

日曜日担当の西藤です。

今週もご覧いただきありがとうございます。

今日の我が家の子です。

image

ハリネズミのあーちゃんです。このトンネルの中は下にヒーターが置いてあるのでとても暖かいみたいです。なかなか出てきてくれません。

たまにこのようにお顔を出してくれるところがとても可愛いです。

 

では本題に入ります。

最近、かなり冷え込むようになってきましたね。

寒いし外に出たくないし、行動範囲も狭くなってるのではないでしょうか。

そしていつも通りどころか、たくさん食べすぎてしまい・・・太った!なんて方はいませんか?

 

今日は美味しく食べて、太り気味な冬も痩せる鍋料理をご紹介します。

☆鍋料理のイイコト☆

・カロリーが低く、季節の野菜をたくさん摂取できる

・身体の中から温まり、代謝を促進できる

・鍋の具材はダイエット効果のある食材(栄養素)が多い

・栄養が偏らずバランスが良い

 

鍋料理の中でも、不向きのものがあります。

参考にして頂ければと思います。

「具材」

○・・魚介類、豆腐、白滝、旬の野菜、きのこ類

×・・脂肪の多い肉、麺類、おもちなどの炭水化物

「味付け」

○・・醤油や塩味ベースのあっさりした味付け、キムチ味、ポン酢など

×・・砂糖が多い甘辛い味付け、カレー味、ゴマダレなど

「鍋料理」

○・・寄せ鍋、しゃぶしゃぶ、チゲ鍋、湯豆腐、たらちり、ちゃんこ

×・・すき焼き、ラーメン鍋やうどんすきなど麺中心のもの

 

次に、鍋料理に入れたいおすすめのダイエット食材です。

魚、貝類、豆腐、豚肉、マグロ、サケ、昆布、わかめなどの海藻類、ほうれん草、アサリ、カキ、海老、ポン酢、酢、柑橘類、根菜類や野菜全般、こんにゃく、きのこなど。

ネギ、しょうが、ニンニク、もみじおろし、七味唐辛子、ラー油などの薬味を入れることもおすすめです。

 

我が家でもさっそく鍋料理を食べていますが、ほんのひと工夫でダイエット食になります。

是非、試してくださいね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

来週もよろしくお願いいたします。

福笑い

こんにちは。

日曜日担当の西藤です。

今週もご覧いただきありがとうございます。

今日の我が家の子です。

image

餅っぽい福ちゃんです。最近部屋が暖かいからか、よく溶けたお餅のようになっています。

 

皆さん、玄関から階段を上って右側の壁に、不思議なお顔がいっぱい並んでいるのを見かけませんでしたか?

1月2日にお正月のイベントで行った、福笑いの完成したお顔が並んでいます。

普段とはかなりパーツがずれているスタッフが完成しています。

ただいま、完成したお顔の中でどのお顔がいいかの総選挙を行っています。

投票は、1.2.3.4の4グループから1つずつ、このお顔いいなと思うものを選んでシールを貼っていただきたいと思います。なので合計で4つのシールを貼っていただきたいと思います。

福笑いに参加した方も、していない方も投票していただけます。

 

また通りかかる時に見ていってくださいね。

ちなみに、2のグループの西藤のお顔が私は好きです。

 

今週も、最後までお読みいただきありがとうございました。

今年もよろしくお願いいたします。

大晦日

こんにちは。

日曜日担当の西藤です。

今週もご覧いただきありがとうございます。

 

今日はついに2017年最後の日です。

皆様は何をして過ごしますか?

私は親戚と過ごし、年を越した瞬間に近くの神社に初詣に行きます。

今日で2017年が最後ということで、今年1年を振り返ってみました。

今年の4月に入社して、まだ8か月しか経っていないのにとても充実していたと思います。

たくさんの会員様やスタッフと出会い、多くの経験をさせていただきました。

そして成長できたと実感しております。

プライベートでも家族が増えたり、親戚が増えたり・・と良いことがたくさんありました。

そして、大変なこともたくさんありました。

振り返ってみると生きてきた23年の中で、1番濃い年だったと思います。

 

皆様はどんな1年でしたか?2017年最後の日をどのように過ごしますか?

また聞かせてください。

 

来年も日々、皆様が快適で楽しく過ごせるようにサポートさせていただきます。

今週も、最後までお読みいただきありがとうございました。

来年もよろしくお願いいたします。

温かい飲み物

こんにちは。メリークリスマスイブ!!

日曜日担当の西藤です。

今週もご覧いただきありがとうございます。

今日の我が家の子です。幸ちゃんです。

image

頭をストラップでマッサージしているところです。

今日は前回に引き続き、身体を冷やす飲み物と温める飲み物についてお話をさせて頂きます。

 

まず前回ご紹介した温かい飲み物ですが、どのタイミングで飲むのが良いのかについてです。

①朝起きてすぐ!

朝一番に身体を温める飲み物を飲みましょう。

今の時期の朝は、身体がなかなか動かない、頭が働かない、重いと感じる方も多いかと思います。

朝に身体を温めておくと、その一日は温まりやすくなります。

少し身体を動かしたりしていても、いつもよりも身体が温まりやすくなるそうです。

起きてすぐには飲めないという方は、朝ごはんと一緒でも大丈夫です。なるべく早い時間に身体を温める飲み物を飲むのがおすすめです。

 

②お風呂に入る前

お風呂の前に温める飲み物を

湯船に浸かって温まったつもりでも実は、身体の表面しか温まっていない事が多いです。特に冷え性の方は多いかと思います。

また冷えた身体には、湯船のお湯が熱く感じます。身体の芯まで温まる前にのぼせてしまうので、じっくりと温まれません。

なので温める飲み物をお風呂の前に飲めば、湯船に浸かってしっかり温まることが出来ます。

また湯船との温度差も少なくなり、身体への負担やのぼせも軽減できます。

 

③夜寝る前

身体の末端がキンキンで寝付けない方、いませんか?

冷えた身体では、寝つきが悪く眠りも浅いそうです。浅い睡眠になれば昼間の疲れを十分に回復することが出来ません。

なので身体を温める飲み物を寝る前に飲めば、寝つきもよくなり眠りも深くなって、ぐっすり眠れるようになります。疲れもとれて軽やかに朝を迎えられることが増えるかと思います。

 

飲み物だけでは身体の温めに不満な方へ、冷え症を解消するための工夫をお伝えさせて頂きます。

まず身体が冷えてしまう原因として、

1. 身体の中に熱が足りない

2. 身体の中に熱があるのに、流れが悪くて行き届かない

が挙げられます。

 

改善策をお伝えしていきます。

1.熱が足りない人は、お風呂や運動で熱を供給すること

熱が足りない人は、身体を冷やすものを減らすことと、運動をしたりお風呂にゆっくりと浸かるなどして身体を温めることが大切です。

身体の中で熱を作るのは筋肉の役割が大切です。筋肉の少ない人は冷えやすくなるので、運動したり、車を使うところを自転車や徒歩に変えたり、エスカレーターを階段にしたりと、身体を動かすように心がけましょう。

お風呂では、ややぬるめの湯船に10分ほど浸かってみましょう。これだけで体温が1℃ほどアップします。身体もほぐれて寝つきもよくなって、ぐっすりと眠れるでしょう。

2.熱があるのに行き届かない人は、身体の中で熱の流れを良くしましょう

肩がこる、首がこる、背中が重たい、足がむくむなどに悩まされている方は多いのではないでしょうか?またストレスを感じやすい方も血液の流れが悪くなり、末端まで熱が行き届きません。

そんな状態では、身体の中にいくら熱があっても身体中に届きません。

なので、かたくなっている身体をほぐして流れを良くすることが大切です。

温かい飲み物を飲み、自分で身体を揉みほぐしたりストレッチをすることで熱を身体の末端まで行き届かせるようにしましょう。

 

以上になります。

是非、寒い冬を乗り切るためにも参考になればと思います。

今週も、最後までお読みいただきありがとうございました。

来週もよろしくお願いいたします。

冬の飲み物

こんにちは。

日曜日担当の西藤です。

今週もご覧いただきありがとうございます。

今日の我が家の子です。福ちゃんです。

imageimage

色んな所に入り込み暖をとります。冬でなくともぬくぬくしています。

 

今日は、冷え症の方には辛い冬を乗り越えてもらうために、身体を温める、冷やしてしまう飲み物についてお話しさせていただきます。

 

飲み物には「身体を温めるもの」と「身体を冷やすもの」があります。

温かい飲み物は身体を温めると思いがちですが、実は、温かい飲み物でも体を冷やしてしまうものがあるのです。

コーヒーも冷やす飲み物に当てはまります。ホットでも体を冷やしてしまいます。

冷え性の方は、冬だけでなく夏でも場所によっては冷えを感じてしまいます。

特に今の時期は冬なので是非参考になればと思います。

 

温める飲み物と冷やす飲み物の見分け方をいくつかご紹介します。

① 身体を温める飲み物

・赤や黒など色の濃い飲み物(赤ワイン、黒豆茶など)

・寒い地域で収穫されるものを使った飲み物

・発酵している飲み物(紅茶)

② 身体を冷やす飲み物

・白い色など色のうすい飲み物(白ワイン、豆乳など)

・暖かい地域で収穫されるものを使った飲み物

・発酵していない飲み物(緑茶)

となっています。

 

次は、温める飲み物と冷やす飲み物について、具体的に紹介していきます。

① 身体を温める飲み物

しょうが湯、黒豆茶、ほうじ茶、紅茶、ウーロン茶、赤ワイン、日本酒、紹興酒など

ホットコーヒーは?と思いがちですが、コーヒーは、ブラジルやエチオピアなど赤道直下の暑い地域で収穫されるものです。なので、コーヒーは体を冷やす飲み物となるのです。

今度は、体を冷やす飲み物を具体的に紹介します。

② 身体を冷やす飲み物

コーヒー、緑茶、牛乳、豆乳、ジュース、清涼飲料水、水、白ワイン、ビール、ウィスキー、焼酎など

このようになっています。

 

今回は身体を温める、冷やす飲み物についてお話しをさせていただきました。参考になれば幸いです。

次回は引き続き、①どのタイミングで飲むのが良いのか、②飲み物だけでは身体の温めに不満な方へ、冷え症を克服するための工夫をお伝えさせていただきます。

 

今週も、最後までお読みいただきありがとうございました。

来週もよろしくお願いいたします。

運動は必要!

こんにちは。

日曜日担当の西藤です。

今週もご覧いただきありがとうございます。

草生えるハリネズミちゃんは先週で終わり、今日から再び、今日の我が家の子に戻ります。

今日の我が家の子は、本物のハリネズミのあーちゃんです。

IMG_0910 (003)IMG_0927 (003)

オヤスミモードでとても可愛いです。

 

今日は初心に戻り、なぜ運動をするのかについてお伝えしようと思います。

運動が身体に良い、健康でいられるなどいいこと盛りだくさんですね。

知識をふまえて、何故自分が運動をするのかまた再確認できるきっかけになればと思います。

 

なぜ運動しなくてはいけないのか?

1. 生活習慣病の予防

食べ物から摂取したエネルギーと運動により消費したエネルギーがバランスよく保たれていることが良い状態です。しかし食べる量が変わらず、運動を行わないと摂取エネルギーが消費エネルギーを上回り、使われなかったエネルギーは脂肪として身体に蓄えていきます。この状態が繰り返されると脂肪が蓄積し、肥満となります。そして肥満が原因となって糖尿病、高血圧、脂質異常症といった生活習慣病になるリスクが高くなります。

2. 筋力や身体機能の維持・向上

人間は持っている機能を使わないと驚くようなスピードでその機能は低下していきます。たとえば日常で私たちは歩くことが多いですよね。歩く動作だけでも実は大腿四頭筋(大腿直筋・広筋)、大腿二頭筋、前頸骨筋、下腿三頭筋(腓腹筋・ヒラメ筋など)といった多くの脚の筋肉を使って歩くことができています。さらにその姿勢を維持するためのお尻や腰、背中、腕の筋肉も使用しています。つまり全身の筋肉を使って歩く・姿勢を保つということができるのです。また重心を移動させて前に進むためにはバランス能力、さらには長い時間動くことができる心肺機能も必要となります。歩く動作だけでも是非続けてくださいね。

3. ストレス発散

人間は活動をしている時には交感神経が活発になり、リラックスしている時には副交感神経が活発になっています。有酸素運動の最中は交感神経が活発ですが、終了後は他の運動と比べて副交感神経が活発になりやすいため、心身ともにリラックスできます。副交感神経の働きでよく眠れるようにもなる点でも、ストレス解消の効果があります。ただし、ストレス解消に効果のある有酸素運動でも、やり過ぎるとストレスを増やすことになります。疲れ果てるまで運動することは避け、「気持ちいいな」と感じる程度の運動にとどめることも重要です。

 

なぜ運動が必要かについて大きな3つを上げさせていただきました。

ご自身の運動の目的はありますか?

自分で目的はあるけど、どうしたらいいかわからない。そんなときはお気軽にスタッフまでお声かけください。

今週も、最後までお読みいただきありがとうございました。

来週もよろしくお願いいたします。

免疫力②

こんにちは。

日曜日担当の西藤です。

今週もご覧いただきありがとうございます。

さて、散髪後のハリネズミちゃんです。

IMG_1213

とてもスッキリしました!

 

では今週も先週に引き続き免疫力を低下させないための注意点をお話しさせて頂きます。

 

『免疫力を下げない注意点』

1. 体温を下げない

人間は平均体温が1℃下がると免疫力は約37%下がり、平均体温が1℃上がると免疫力は約60%活性化するといわれています。風邪をひいたとき熱が出るのも、体温を上げて免疫力を上げようとする防衛反応だといわれています。また、体温が低いと体内の細菌に対する抵抗力が低下し、腸内では悪玉菌や有害菌が増殖して様々な病気や感染病の原因にもなってしまいます。

通常、外気が暑くても寒くても、人間の体温は36.5℃~37℃の範囲に保たれています。人はこの平熱より5℃高い41.5℃の発熱ですぐに死ぬことはありませんが、逆に5℃低い31.5℃では、体内での代謝活動などが阻害されてしまい、生きることができません。人間の体は体温の低下には非常に弱いのです。

体が冷えていると、冷えている部分の代謝活動が落ち、大切な栄養素や老廃物を運ぶ血行も悪くなりそのため、婦人科系の病気だけでなく、心筋梗塞や脳卒中、ガン、アレルギー、うつなどの精神病など、あらゆる疾患の発病に影響を与える可能性があります。

 

2.日常の飲料水に気をつける

水は、体重の60~75%を占める体の主要な構成成分で、その10%を失うと健康が脅かされ、20%を失うと死を招くといわれています。水は一般に栄養素には含まれていませんが、とても大事な役割をしています。 

体内における主な水の働きとしては、血液の主成分として栄養成分や酸素などを体の各組織へ運び、また各組織から不要産物を体外へ排出(体内の不要産物を尿として排出する)、浸透圧の平衡を維持し体細胞の形態を保つ、発汗作用により体温を調節する、などの生命の維持に重要な働きを行っています。

その水の多くを、私たちは普段頼っています。水道水のほとんどは、貯水池、ダム、河川の水ですが、それらの水の中には、大腸菌などの細菌、空気中の汚染物質や農薬などが含まれているのが普通です。

そこで、取水した水をろ過浄化の後に、大腸菌などの細菌の発生を抑えるため、塩素(0.1ppm以上)を投与します。

しかし、安全のために投与されている塩素は、他の物質と化学反応を起こし、発ガン性物質であるトリハロメタンを生成している可能性がありますので、水道水はあまりおすすめはできません。

以上のように、水道水は発ガン性物質などの問題があるにせよ、塩素消毒などのお陰でなんとか飲めるようになった水です。

 

3.薬・抗生物質を乱用しない。

薬や抗生物質は、緊急、命の危険、重病、慢性病、感染症以外はなるべく服用を控えましょう。薬や抗生物質への安易な依存は、長期服用の副作用として免疫力の低下につながります。

抗生物質の最も適切な使用法というのは、病原菌を殺すことではありません。あくまで抗生物質によってある程度細菌の増殖を抑えつつも、その人が本来持っている免疫力で病原菌を排除していくというものです。

免疫系を弱める最大の要因は抗生物質の乱用によるものです。免疫系が弱まった時、ウイルスなどが体内に入りやすくなるため、次の方法として新たな抗生物質の使用に頼ってしまいがちです。

つまり、抗生物質の使用が免疫力を低下させるのです。免疫力が弱くなったために病気にかかり、再び抗生物質を使うことになるという繰り返しを防止することが大切です。

 

4.バランスの良い食事を心がける。

現代は食生活の偏りなどにより栄養バランスが乱れ、そのために免疫に大切な栄養が不足し、免疫力低下を招いていることが多く見られます。

免疫力を大きく左右するのが食事であり、「6つの基礎食品」からバランスよく栄養をとることがその基本です。

1群は肉・魚、2群は牛乳・乳製品、3群は緑黄色野菜、4群は淡色野菜・果実、5群は穀類・いも類、6群は油脂製品となっています。また、栄養素別にみると、炭水化物(糖質)・タンパク質・脂質が主にエネルギー源となる3大栄養素、これに体の機能維持や調整・抵抗力をつけるビタミン・ミネラルを加えて5大栄養素、そして第6の栄養素に食物繊維、となっています。

 

このようになっています。

少しでも参考になればと思います。

今週も、最後までお読みいただきありがとうございました。

来週もよろしくお願いいたします。

免疫力

こんにちは。

日曜日担当の西藤です。

今週もご覧いただきありがとうございます。

さて、本日の植木ハリネズミちゃんです。

image

期待通りのハードロックな感じになりました。

次週は散発後のハリネズミちゃんをお楽しみに。

 

今日は風邪や病気にかかりやすい免疫力の低下についてお話しさせていただきます。

まず免疫力とは何かについてです。

免疫力とは、外敵からからだを守るシステムのことで、健康な状態を維持する力のことを言います。そのため免疫力が十分に働いていれば病気にかかりにくくなります。たとえ病気になったとしても早く健康な状態に戻れるよう、免疫力が力を貸してくれます。

この免疫力の正体は血液中の「白血球」という成分です。この白血球には大きく分けると3つの成分があります。「顆粒球」、「リンパ球」、「単球」の3つです。どれか1つが不足しても免疫力は崩れてしまいます。

免疫力が下がると、がん、慢性疲労症候群、肝炎、感染症(インフルエンザ、結核、エイズ)などといったあらゆる病気を誘引します。

 

まず免疫力が低下しやすいか簡単なチェックをしてみましょう。

下に載せた項目にあなたは何個当てはまりますか?

運動不足、睡眠不足、下しやすい、風邪が長引く、便秘がち、ストレスを感じやすい、まぶたの痙攣、視力低下を感じている、傷口が治りにくい、疲れやすく慢性的に身体がだるい、吹き出物や肌荒れが目立つ

チェック数が多いほど免疫力が低下しやすいので注意が必要です。

 

注意をして頂く際に意識してほしいことを話させていただきます。

 

1.質の良い睡眠をとる。

睡眠の乱れによって、免疫力は低下します。たとえ心労があって眠れなくても、体を横にして休めているだけで、免疫力は高まると言われています。20分ぐらいの昼寝でも、免疫力を高めます。

2.ムリのない適度な運動をする

免疫力を高めるには、適度な運動がとても効果的です。体内にウイルスが侵入してきたときに戦う免疫細胞が、運動することによってより活発に働くようになるからです。主にウォーキングやジョギングなど軽めの有酸素運動の継続が免疫力を高めます。

3.笑う

笑うと身体の免疫力がアップします。笑うとNK細胞(体内にウイルスが侵入してきたときに戦う免疫細胞)の活性化につながります。笑うと、健康な生命活動を維持するために必要な神経に変化をもたらし、身体中の様々な器官に刺激が与えられます。この時、笑いによる脳への刺激が、神経ペプチドという免疫機能活性化ホルモンの分泌を促し、このホルモンの影響でNK細胞は活性化され、さらに強力になりガン細胞などを攻撃します。

作り笑顔の場合でも、NK細胞の働きが活発になるそうですので、とにかく笑うことが大切です。

4.充分な休養などでストレスをためない。

ストレスは大脳でも様々な部分が関係していますが、特に扁桃体という部分との関係が深いです。扁桃体は、大脳の奥深くにあり、外から来た情報に対して、快か不快かを判断します。 扁桃体が不快と感じた場合には交感神経が刺激されストレスになり、心地よいと感じた場合には副交感神経が刺激されストレス解消につながります。

5.爪をもむ。

手の指の爪の生えぎわの角をもむと、リンパ球をふやして副交感神経が優位になり、血行が促進され免疫力が高まるといわれています。基本的に、両手の親指、人さし指、中指、小指の 4本の指をもみます。ただし、薬指は交感神経を刺激してしまうので特別な場合以外はもまないようにします。

 

今回はここまでです。

まだ続きがございますので、引き続き来週も免疫力についての注意点をお話しさせていただきます。

最後までお読みいただきありがとうございました。

来週もよろしくお願いいたします。

発毛

こんにちは。

日曜日担当の西藤です。

今週もご覧いただきありがとうございます。

 

さて、先週の私のブログを読んで下さった方はご存じかと思いますが、つるつるだったハリネズミちゃんです。

IMG_0876 (003)

なんと、一週間で・・・ロン毛ロックハリネズミになりました。

次週はロン毛ハードロックなハリネズミになっているかもしれません。

毛が生えるおめでたい話から、今回も髪の毛についてお話しさせていただこうと思います。

 

髪の毛が伸びるのが遅くて困っている方、いるのではないでしょうか?

私は髪の毛が伸びるのがゆっくりで早く伸ばしたいと思っています。

そんな方に今日は、どうしたら髪が早く伸びるのか(発毛促進)についてお話しさせていただこうと思います。

 

① 傷んでいる毛は切りましょう

髪の毛を伸ばしている最中で、傷んでいる髪を切らずにそのまま伸ばそうとする人が多いのですが、もったいなかろうが、傷んでいる髪は潔く切ることがおすすめされます。

傷んでいる髪を放置していると、傷んでない部分まで髪が傷んできます。

② 枝毛を切りましょう

髪の毛も絡みやすく、傷みやすくなるので、気がついた時に切っておきましょう。傷んでいるところから切れ毛に繋がります。

③ クシを使う

使うクシを木製のものにしましょう。プラスチックは静電気が発生して髪が傷みやすいです。

④ 頭皮マッサージを行う

頭皮の血行を促進し、発毛を促します。髪に栄養を行き渡らせます。

⑤ ドライヤーを使わない

ドライヤーは髪と頭皮の両方を乾燥させ、髪の毛の発育を阻害します。

どうしても必要な場合は高温を避け、低温にして使いましょう。

⑥ ヘアアイロンを使わない

適度な温度があっても頻繁に使うと髪の毛が傷みます。

髪の傷みは枝毛、切れ毛につながり髪を伸ばす場合はくせ者です。

⑦ 食事に気を付ける

バランスのいい食事を心がけましょう。特に髪を作るたんぱく質と良質な油を摂りましょう。

⑧ 身体を動かす

常に血行を良い状態に保つことで栄養を運びやすくします。

⑨ シャンプー選びをしましょう

沢山の種類のあるシャンプーですが洗い終わって、軋みや絡み、乾燥してごわつくものは避けましょう。

人それぞれ合うものが違います。

 

このように何点か髪を伸ばすうえで必要なことがあります。

是非きれいなロングヘアを目指している方は一緒に試してみませんか?

今週もありがとうございました。

来週もよろしくお願いいたします。