kato のすべての投稿

筋力トレーニング

こんにちは!火曜担当の加藤です。 今回はアームレスリングをやっているアームレスラーが普段どんなトレーニングをしているかというのを、僕を例に紹介したいと思います。

前腕を鍛えたい方や腕相撲が強くなりたい方は参考にしてみてくださいね!

僕の家にあるトレーニングルームをお見せいたします。

clip_image002

まずアームレスラーに必要な筋肉はズバリ、背中と前腕です。背中は腕が体から離れないようにするため引きつける力として必要です。また、前腕は相手を倒す時に一番力を使う部分なので必要です。

ではどうやって前腕と背中を鍛えているかというと、それは懸垂です!

懸垂は上半身の筋肉の大部分を鍛えることができるスーパートレーニングです。

アームレスラーはより実践に近い形で行うために、片手懸垂や持ち幅を狭くして逆手で行ったりしています。

次にやっているトレーニングはダンベルカールです。ダンベルカールとはダンベルを片手に持って肘を曲げ伸ばしする運動のことを言います。アームレスリングは腕の力だけで使っているイメージがあると思いますが、実はかなり体全体を使っています。なのでダンベルも重い重量を体全身を使ってあげる、というようなやり方をすることが多いです。つまり腕の筋肉に効かせるためにではなく、重い重量を上げて瞬発的なパワーをつけるためにやっていることが多いです。

細かく話し始めると止まらなくなってしまうので、今日はここまでにしたいと思います。笑

同期と

こんにちは!火曜担当の加藤です。

先週初めて、同期の4人とご飯を食べに行きました。研修で月に1度くらいは会うのですが、プライベートで集まるのは今回が初めてだったのでとても新鮮でした。写真を撮ることを忘れてしまったため、フレッシュな1年目5人の顔をお見せすることができず残念です。

同じ部署の先輩方と会話をするのも楽しいですが、やはり同期との会話は共感できる部分が多くとても心が落ち着きました。また、他の部署で頑張っている同期達の話を聞いていると、自分の悩んでいることが小さく感じたり、奮起させられることもあっていい刺激になりました。

これからの仕事で辛いことや嫌なことはあると思いますが、やっていこう!という気持ちにさせられました。また、このように集まる機会を設けていけたらいいなと思います。

1年目としてまだまだ分からないことも多く、みなさんに迷惑をかけてしまうことも多々あると思いますが、改めてどうぞよろしくお願いします。

こうして同期と会うことで気持ちが緩和されたということは自分の中にも少なからずストレスがあったということです笑。ただ、みなさんに勘違いしてほしくないことは、ストレスは必ずしも悪い意味だけというものではないということです。実はストレスというのは、良い意味であれ悪い意味であれ日常生活における変化によって感じるものなのです。幸せに感じる収入の増加や、結婚、長期休暇においても実は変化としてストレスを感じているのです。ただ、このようなストレスが必ずしも健康状態に影響するかは個人差があるので断定はできません。なんにせよストレスは生きていくうえで必ず受けてしまうものなので対策を知っておきましょう。

結論として、ストレスをコントロールするには呼吸です。深い呼吸を繰り返し行うことで副交感神経が働いてリラックス効果が得られます。こうすることでストレスが軽減されます。なので、何かストレスを感じたときは深呼吸をしましょう。

休日に

こんにちは、火曜担当の加藤です。昨日のお休みは、高校時代からの友人と一緒に買い物と食事に行っていきました!何の買い物かというと、マウンテンバイクです。といっても、僕は付き添いとして行っただけなので購入をしたのは友人ですが。笑

clip_image002

なんでも、通勤で自転車を利用する目的ではあるのですが、休みの日に林道で走るという趣味を作りたいとのことでした。なので、しっかりとした性能のものを買って福沢諭吉さんが財布から何枚も出されているのが見えました。笑

このときに「ああ、社会人になるとこういうこともできるのか」としみじみ感じました!

友人はどうやら僕にも買ってもらいたいらしく、店に行く前に何度も一緒に林道を走る誘いをしていたのですが、僕自身はあまり乗り気ではなかったです。けれど、実際に店に行って試乗してみると…

とてつもなく楽しかったんです。笑 やっぱり普通の自転車とはものが違うなと感じて、これを趣味にするのもありだなと思いました!

なのでもし、みなさんの中でマウンテンバイクを持っていたり、林道走ってるよという方がいたら、ぜひお話を聞かせてください。

ということもありながら食事に行って自分達の職場の近況報告などをしていると、すごいすっきりした気持ちになれました。やっぱり持つべきものは友ですね!こういった昔からの関係を大切にしながら、僕も過ごしていきたいと思います。もちろん、今の先輩や会員の方との関係も今まで以上に深めていけたらなと思っています。なので、これからも末永くよろしくお願いいたします。

それと!!!もうアスレ通路の貼り出しを見た方はご存じと思いますが、団長の文字の上に唯一男の写真が貼られていますよね。ということで、僕が急遽団長を務めさせていただくことになりました。二階級昇進ということで嬉しい反面、できるだろうかという不安もあります。なのでぜひ、みなさんに支えてもらうような形で応援していただけると嬉しいです。

ダイエット後の皮

こんにちは。火曜担当の加藤です。

最近は本当に暑くなってきて、外に出るのも少しいやになってくる方もいるのではないでしょうか?そんな中、みなさんはロクサンに通ってきてくれています。ではどんな目的で来られていますか?ダイエット、健康維持、筋力アップ、体を大きくしたい、と色々あると思います。今回はダイエットの中でも皮についてお話します。

よくテレビでダイエット企画をやっており、成功者が喜びの声を上げているのを見たりすると思います。しかし、体重は落ちてもお腹や腕回りにたるんだ皮がついていることも目にします。ダイエットには成功しても、これでは見栄えが悪いですね。僕には姉がいるのですが、姉もこの状態になって悩んでいました。

clip_image002

こうなってしまうのには主に5つの原因があります。1つ目は急激な体重減少です。脂肪の減少に皮膚が縮む速度が追い付かないということです。2つ目は皮下脂肪です。脂肪には内臓脂肪と皮下脂肪がありますが、ダイエット前に皮下脂肪が多い場合はたるみやすくなります。3つ目は筋肉量の低下です。ダイエットといえば有酸素運動というイメージが強いため、そればかりやってしまうと、エネルギーが枯渇し体の栄養まで使って筋肉量が減ってしまうのです。4つ目はコラーゲンの破壊です。太るとコラーゲンが破壊され、肌の弾力性が低下します。5つ目は新陳代謝の低下です。代謝が低くなると皮膚の再生能力が低下します。

ではどうすれば皮膚のたるみを解消できるのか説明します。まずはストレッチをしましょう。習慣化して代謝性が向上すれば皮膚の再生能力が上がります。次にマッサージをしましょう。老廃物や余分な水分が解消されます。保湿クリームを塗ってからマッサージすることでさらに効果が上がります。そして筋トレをしましょう。筋トレにはコラーゲンの生成を促進する効果があります。最後にビタミンB群と亜鉛をとりましょう。これらの栄養は皮膚の新陳代謝を促してくれるのでレバーや牡蠣などで摂取しましょう。

以上のことをしていけば、皮膚のたるみを改善できるかもしれません。もし皮膚のたるみに悩んでいる方がいれば、ぜひ試してみてください。

筋膜リリース

こんにちは。火曜担当の加藤です。今日は筋膜リリースについてお話ししたいと思います。

いきなり言われても「筋膜リリースとは何ぞや!?」となると思うので説明します。

まず、筋膜とは筋肉や臓器、骨など体を構成する要素をすべて包んでいる膜のことを指します。これは第二の骨格とも呼ばれる大事な組織です。この組織の弱点としては固まりやすいというのがあります。この筋膜が固まってしまうとコリや痛みが発生する可能性があります。

筋膜リリースとは筋膜を押して伸ばすことです。そうすることによって筋膜をほぐして柔らかくするのです。

筋膜リリースをすると、肩こりの解消、けがが減る、疲労回復のスピードが早くなる、血行がよくなるので、眠りが深くなるといった効果があります。ストレッチと似たような効果がありますが、適切に行えばストレッチより高い効果を得ることができます。

筋膜リリースを行うためにはトリガーポイントと呼ばれる、ほぐすポイントを知る必要があります。例を挙げると背中の肩甲骨内側の上部にトリガーポイントがあります。そこをピンポイントで圧力をかけて押すことによってそのポイント周辺の肩こりや痛みを解消することができます。トレーニングをする場合だと、トレーニング前、後に行うと効果があります。

筋膜リリースは、グリットフォームローラーという名前のストレッチポールのようなもので個人で行うことも可能ですが、圧力をかける位置をしっかり把握しなければ効果は薄いです。確実に効果を得たい場合は接骨院などをお勧めします。毎回病院に行くのは面倒という方はセミナーも開かれているそうなので、覚えて個人でできるようにするのもいいかもしれません。

慢性的な体の痛みに悩まれている方は一度筋膜リリースを検討してみてはいかがですか?

体脂肪

 

こんにちは。火曜担当の加藤です。今日は体脂肪についてお話ししたいと思います。

まず、体脂肪とは、文字通り身体にある脂肪のことです。これは、皮下脂肪と内臓脂肪両方を指しています。

やっぱり引き締まったメリハリのある身体を作るためには体脂肪を減らす、つまり体脂肪率を減らしたいですよね!身体の脂肪が減れば、その分鍛えられた筋肉が見えてくるわけです。

しかし、体脂肪を減らすことが身体の見栄えをよくするためによいとしても、身体の健康によいとは限らないのです。

ここからはわかりやすく体脂肪率で話していきます。体脂肪率とは体重の中の脂肪の割合のことです。厚生労働省では男性が15~20%、女性が20~25%が普通とされています。以外と多くても普通に入るのだと思うかもしれませんね。

しかし、世の中には体脂肪率が一桁の方もいます。アスリートやトレーニングをバリバリしている方でもいらっしゃいますね。そのような方々はムキムキであったりとてもスタイルがいいです!

clip_image002image

しかし、その見た目と引き換えにリスクも抱えています。

まず、筋肉が減りやすくなります。食事での栄養以外に筋肉や脂肪を栄養にして使ってしまうためです。

また、脂肪がない分、外への熱放出が多くなり、寒く感じやすくなります。そして、免疫力が低下し、風邪をひきやすくなります。

筋肉がある人でも風邪をひきやすいというのは驚きですよね!

僕も大学時代スポーツやトレーニングをバリバリして体脂肪率が一桁になったときはよく風邪をひいていました。笑

みなさんも体脂肪の減らしすぎに注意してほどよい身体を作りましょう。

行ってきました

こんにちは!火曜担当の加藤です。

実は先週27日の日曜日、僕は兵庫県に行ってきました。なぜ行ってきたのかというと、アームレスリングの大会があったからです!

関西オープンと呼ばれる、全国からアームレスラーが集まる大会に僕は65キロ級の選手として出場しました。

その結果は...

IMG_3894

左の部で3位入賞でした!右の部ではベスト8で入賞できませんでした...

けれどこの大会、実は全日本選手権に近いレベルの大会だったので、自分にとってこの入賞は大きな自信につながりました。今後も日本一目指して頑張ります!

ところで試合というと、選手によっていろいろな方がいますよね。音楽を聴いていたり、歩き回っていたり、はたまた目を閉じていたりしますよね。これはみなさんもご存じと思いますが、ルーティンです。試合前などに決まったことをするもので、ルーチンやルーティーンとも呼ばれています。五郎丸選手のあのポーズで有名になっていますが、実は昔からよくスポーツをする方は行っていることが多いですね。

これを行うことによって、精神を落ち着かせたり、シビアな場面でも普段通りの実力が出せたりするのです。

デメリットがないのならやって損はないですよね!実は僕にはルーティンがまだないので、これから作ってみようと思います。もしかしたら無意識に行っているのかも。笑

みなさんも試合前だけでなく、何か大事なことをする前などに決まった動作をして、ルーティンを作ってみてはいかがですか?

金縛り

こんにちは!火曜担当の加藤です。

今日からロクサマーセールが始まりました!5月26日(土)までなのでぜひこの機会にお目当てのものを見つけちゃってください!

ロクサンのアイドルもこのようにお待ちしております。IMG_3828

さて、今回はみなさんにあまりなじみのないかもしれない金縛りについてお話ししたいと思います。

なぜ、そんななじみのない金縛りを取り上げたかというと、僕が金縛りによくかかるからです。笑

しかし、勘違いしてほしくないのは、「金縛りが幽霊のしわざではない!」ということなのです。

まず、金縛りというのは、目を開けて起きたかと思うと、体が動かない状態のことです。その状態の中で、「幽霊を見た!」「変な声を聴いた!」というようなことが起きるのです。僕も変な声や幽霊みたいなものはいっぱい見ました。笑

しかしこの現象は、現代の科学で証明できてしまうのです。詳しく話していくと、金縛りになったとき、頭は目が覚めていますが、体は目覚めていません。これは夢を見る状態である浅い睡眠、レム睡眠中に完全に頭だけ目覚めてしまうと起こることです。つまり頭は働いているのに体は休んでいるため動くことができないのです。この状態に対して脳が驚いてしまうため、そのつじつまを合わせるように幻覚や幻聴を見るといわれています。

この金縛りにかかる人にはいくつか原因があります。

①ストレス②生活習慣③体の疲労④興奮状態 また、女性がかかりやすいこともあります。

ではどうしたらこの金縛りにかからないのか、またかかった場合はどうすればいいのかですが、まずリズムを整え十分な睡眠をとることです。規則正しい生活を心がけ、7時間前後の睡眠が望ましいです。また、日頃からストレスをためない、ためてもすぐに発散することが大切です。

かかった場合は何もせず放っておくこと一番です。幽霊の仕業ではないとわかってしまえばすぐに慣れてしまうので放っておきましょう。

いかがでしたか?僕は金縛りにかかりすぎて今は全く怖くありません。笑

もしみなさんの中で金縛りにかかった方がいればぜひ教えてくださいね。

記念すべき第一回目

みなさん初めまして!今週から火曜日を担当させていただく、加藤練です。アスレチックジムの写真や一緒にレッスンを受けた方などはもうご存知かもしれませんが改めて自己紹介をさせていただきます。

生まれも育ちも安城市でいちじくを食べて成長してきた僕ですが、運動が大好きでこちらに就職しました。

突然ですが、ここでクイズです!

僕といえばなんでしょうか??

 

 

はい!もちろんアームレスリングです!!簡単でしたね!

ここで、「アームレスリングとは何ぞや?」と思う方がいると思うので説明しますと、簡単に言えば腕相撲です。正確に言えば腕相撲とアームレスリングは別物ですが...

IMG_3828

やり始めたきっかけは学生時代のアルバイト先で、どうしても勝てない先輩を倒すためでした。今では力と力のぶつかり合い、一瞬で勝負が決まる緊張感に魅力を感じてアームレスリングのチームに所属しています。

腕相撲でもそうですが、アームレスリングで相手を倒すために一番必要な筋肉は肘から下の筋肉、つまり前腕です。「え!?力こぶが大きい人が強いんじゃないの?」と思うかもしれません。実はみなさんが大事だと思っている力こぶ、つまり上腕二頭筋は攻められて耐える時に使っている筋肉なのです!

まとめると、攻撃の前腕・防御の力こぶなのです!なので「腕相撲が強くなりたい!」という方は、ぜひ前腕を鍛えてみてください。

その他、どこを鍛えたらいいかや、勝つためのコツなどいろいろあるのでまたどこかでお話ししたいと思います。もちろん、直接聞きに来ていただいてもかまいません!

と、アームレスリングの話しかしていませんが、これから頑張っていきますので、末永くよろしくお願いいたします。