matsuyama のすべての投稿

2種類の休養!

みなさん、こんにちは!先日のお休みを有意義に過ごすことができ、仕事始めを気持ちよく迎えられた松山です。よろしくお願いします!

 

 

みなさんは、最近の休日をいかがお過ごしでしたか?

どこかに出かけたという人もいれば、一日中家で過ごしたという人など、さまざまだと思います。

どのような過ごし方にせよ、せっかくの休日なのですから、しっかり休養をとったり、気分転換したりしたいですよね!

そこで今日のブログでは、休養の仕方についてご紹介していきます!

 

 

まず、みなさんは休養には2種類あることを知っていますか?

1つ目が消極的休養、別名パッシブレストと呼ばれるもので、身体を安静にしたり、睡眠を取ったりして身体を休める、あるいは家で映画を見たり、読書をする、図書館や美術館へ行って文化に触れるなどをして休日を過ごすことを言います。

2つ目が積極的休養、別名アクティブレストと呼ばれるもので、身体を安静にするのではなく、あえて軽い運動を行うことで全身の血行を良くし、疲労回復やストレス解消を目指すものです。具体的には、ストレッチやウォーキング、軽いジョギングやゆっくり泳ぐなどがあります。

自分の身体の声にしっかり耳を傾け、パッシブレストとアクティブレストを使い分けることで、休日を有意義なものにしていきましょう!

 

 

話は変わりまして、みなさんの中でインスタグラムをやっている方はどのくらいいらっしゃいますか?

ロクサンの公式インスタグラムを始めましたので、インスタやってるよー!という方がいましたら、ぜひフォローをお願い致します☆

あなたはつまずきやすい?

みなさん、こんにちは!最近、自分の足首の柔軟性がとんでもないことが判明した松山です。よろしくお願いします!

 

 

みなさんは何もないところでつまずいたりすることはありますか?

私は昔からよくつまずくタイプだったのですが、これ、ただの「おっちょこちょい」ではないんだそうです。

すねにある「前脛骨筋」という筋肉の筋力が足りない人や、足首の柔軟性が低い人は、つま先を上に上げる動作が苦手なため、何もないところでもつまずきやすいのだとか…。

 

 

もともとは、スクワットのフォームがブレやすく、身体が前傾してしまう癖があったので、このスクワットのフォームをチェックしてもらっていたのですが、そこで自分のすねの筋力が弱く、足首の柔軟性が壊滅的なことが判明したのです。

スクワットで重心を下げていくときに、足首の硬さから後ろにひっくり返ってしまいそうになるのを身体を前傾させることでバランスを取っていたようです。

スクワットのフォームうんぬんの前に、まずは足首の柔軟性を高めていきます…

 

みなさんも、できない動きや苦手な動きがある場合、どこかの筋力が極端に弱かったり、どこかの柔軟性が極端に低かったりする可能性がありますので、ぜひ一度、自分の身体の状態をしっかり観察してみてくださいね!

熱く語る

みなさん、こんにちは!先日お休みをいただいて、自分が所属する団体の武術セミナーに行ってきた松山です。よろしくお願いします!

 

突然ですが、みなさんは武術や武道、格闘技って全部同じだと思っていませんか???

こういう話に興味がない方には全くためにならないお話ですが、今回のブログでは武道や武術、格闘技の違いについてお伝えしていきます!(私の主観も入っています)

 

 

まず第一に、私が学んでいるのはこの中で言うと、武術になります。

何が違うの?と思った方に説明させていただくと、武道や格闘技はスポーツの側面が強いです。

勝敗を決める大会や試合があり、特に武道は礼儀・礼節を重んじるスポーツ、格闘技はエンターテインメント要素の強いスポーツ(観客を楽しませるショーのようなもの)という認識を私はしております。

そして、スポーツには必ずルールがあるため、そのルールに則った戦いの中で勝敗を競います。

よく、総合格闘技をやっている方が実戦では最強と言われることがありますが、それはルールが武道よりも実戦に近い形だからではないでしょうか。

 

 

では武術とは何なのか?

武術とは自己防衛を目的とした戦闘術(護身術、サバイバル術)です。

つまりは、命の危険に晒されたときに自分の身を守るための、そして大切な人を守るための術ということです。

なので、相手が一人とは限りませんし、始まりの合図もルールもありません。

そんな中で身を守る術を一生かけて学ぶのです。さらには、自分がものすごく不利な状況など、あらゆる状況が考えられ得るので、この学びに終わりもありません。

 

 

しかし、一生のうちでこの術を使うときが来るかどうかは分かりません。むしろ、そんな場面に出くわさないことが一番理想と言えます。

先生方の言葉をお借りすると、一生のうちに一度でも抜くか抜かないか分からない刀(剣)を磨き続けることが武術を学ぶということで、武術における実戦というのは、生き残るための弱者の立ち居振る舞いなのだとか。

深いですよね。

武道や格闘技における強さを突き詰めていくことも、もちろん素敵なことだと思います。

ただ、私は武術の概念に魅力を感じ、誇りを持って武術を学んでいるため、今日はこれらの違いを語らせていただきました。

 

今日は熱く語ってしまいましたね~。みなさんの熱ーいお話も良ければ、お聞かせくださいね!熱い話大好きですので!(意外ですか?笑)

習慣をコントロール

みなさん、こんにちは!最近、バナナケーキにハマっている松山です。よろしくお願いします!

 

つい先日、出かけ先でバナナケーキを食べて、その美味しさにハマってしまい、本日出勤前に炊飯器を使ってバナナケーキを作ってみたのですが、まだ食べていないので、帰ってからのお楽しみです!(食べるのは深夜になります。この時間に食べるのはみなさんにはお勧めしません…笑)

私は仕事柄、夜遅くに帰宅することが多いので、その時間からご飯を食べたり、携帯をいじったりして、寝るのが3時になることはざらなのですが、習慣とは恐ろしいもので、この夜型の生活で週の大半を過ごしているため、せっかくのお休みの日もそのくらいの時間になるまで眠くならないのです。

 

 

身体に良いことや、自分にとってメリットになることを習慣化させるのは難しいですよね。それにも関わらず、悪い習慣はなかなか断ち切ることができない。習慣って手強いですよね。

そんなあなたに悪い習慣を断ち切り、良い習慣を身に付けるための心構えやコツをご紹介していきます!(自分自身のためでもあります…笑)

 

1、 習慣は自分の意志でどうにかなるものではないと自覚する

2、 習慣は技術(テクニック)であると理解する

3、 目標にしたい習慣のハードルを下げる

4、 断ち切りたい習慣のハードルを上げる

 

まず1に関して、習慣が身に付かないのは自身の意志が弱いからだと落ち込んでしまう人が多いのですが、ほとんどの人にとって(ものすごくストイックな人は例外として)、習慣は意志でどうにかなるものではありません。

そして、良い習慣が身に付いてる人というのは、良い行動を習慣化させる自分なりのテクニックを持っているのです。

 

 

そのテクニックの1つが目標にしたい習慣のハードルを下げることです。例えば、筋トレの習慣を身に付けたい人は、まず腕立て1回の習慣化を目標にするということです。

腕立て1回ならすぐ終わるので、ハードルがものすごく低くなりますし、だいたい1回やり始めると、もう少しやりたくなってしまうのが人間というものです。また、1回で終わったとしても、目標は達成しているので、後ろめたさがありません。

全くやらない日が続くことでモチベーションが下がり、習慣化をあきらめてしまうことこそ一番回避したいことなので、目標が腕立てたった1回だけであっても、目標達成した日を積み重ねていくことが大切になります!

 

 

そして反対に、断ち切りたい習慣はその習慣のハードルを上げれば良いのです!例えば、携帯ばかり触ってしまうということであれば、帰宅してから寝るまでの間は電源を切ってみる、おやつをたくさん食べてしまうということであれば、家にお菓子をストックするのをやめるといった感じです。

携帯の電源が切れていれば、いちいち電源を入れる作業が手間になりますし、良く使ってしまうというアプリをアンインストールするのも良いかもしれません。アプリを再度インストールするのはとても面倒くさいですからね。

さらに、家に食べ物がストックされていれば、ついつい食べてしまうかもしれませんが、何も無ければ、あきらめて寝てしまう人がほとんどなのではないでしょうか。

 

 

ちなみに私は家に食べ物が少なく、それでも食欲が抑えられないときは、家にあるものでなんとかして創作料理を生み出すことがあります。(我ながら食欲に貪欲ですよね…笑)

どちらにせよ、新しい料理が生み出されるかもしれませんし(笑)、食べ物を買いに行くのは面倒くさいからと、すぐに寝ることができるかもしれません。

良い習慣はハードルを下げる、悪い習慣はハードルを上げることを意識して、習慣をコントロールしていきたいですね!

寝すぎが引き起こす〇〇

みなさん、こんにちは!先日のお休みに寝すぎてしまい、頭が痛くなった松山です。よろしくお願いします!

 

 

みなさんは、休みの日に寝すぎてしまった!という経験はありませんか?

私は学生時代から、しょっちゅうやらかしております。

寝ているときは気持ちがいいのですが、重い身体にムチ打っていざ起きてみると、頭がガンガンする…

せっかくの休日をずっと頭が痛いままで過ごすなんてもったいないですよね。

 

 

この寝すぎによる頭痛には2つの種類があります。

1つ目は「偏頭痛」です。偏頭痛とは主に、こめかみのあたりがズキズキと痛むような頭痛を指します。

これは寝すぎによって、血管が広がってしまったために、頭部の神経が圧迫されることが原因です。

2つ目は「緊張型頭痛」です。この頭痛は、血管の方が圧迫されて起こる頭痛です。

肩や首など、頭の近くにある血管が圧迫されることよって、血流が悪くなり、脳に血が行きにくくなることが原因です。

緊張型頭痛は、後頭部がジンジンするような痛みがあります。

 

 

寝すぎたときには、どちらの頭痛も起こる可能性があります。しかし、圧倒的に「偏頭痛」の方が起こりやすいといえます。

睡眠によって、血管が緩んだ状態になるので、神経が圧迫されてしまうのです。

寝すぎたあとは、こめかみがガンガンと痛むことが多いのではないでしょうか。

これは脳の血管が広がってしまっている証拠。

 

 

緊張型の頭痛を引き起こすこともありますが、これは寝過ぎたことが原因というよりも、寝ている姿勢に問題があるようです。

無理な姿勢で眠ることで、肩や首の血流が悪くなっているのです。

みなさんも休日の寝だめや無理な姿勢での睡眠には気を付けていきましょう!

お試し体験!

みなさん、こんにちは!昨日の掃除中に角に肘をぶつけて、ジーン!!!となり、しばらく腕を動かせなかった松山です。翌日の今日も痛いので、どうやら軽い打撲のようです。よろしくお願いします!

 

 

今日のブログでは、只今実施中の『1ヵ月間お試し体験キャンペーン』についてご紹介していきます!

昨年から期間限定でこのキャンペーンを開催しているのですが、このキャンペーン体験で入会してくださった現会員のみなさん、ありがとうございます!この場でもお礼申し上げます。

その1ヵ月間お試し体験が再び戻ってきました!

 

 

このキャンペーン体験は通年で行っている3回体験(2週間以内)よりも期間が長いため、体験者が実際にスポーツクラブに通うということをイメージしやすく、自分に合うジムなのかを時間をかけて判断することができます。

また、どの会員種類の月会費よりもお安く、1ヵ月間ロクサンを使い放題となっておりますので、ご家族やご友人、お知り合いの方にぜひ勧めてみてください!

お待ちしております☆

clip_image002

食べ過ぎ注意!

みなさん、こんにちは!最近、食欲にますます拍車がかかってきた松山です。よろしくお願いします!

 

 

本日は会社行事のため、ロクサンだけでなく、豊和グループ全ての店舗が休館日となっております。

ご理解とご協力の程、よろしくお願い致します。

 

 

話は戻りまして、今日はそんな食欲を少しでも抑えられる方法をご紹介していきます!

① 歯磨き

簡単なことですが、歯を磨くことで口の中がスッキリするので、その後に食事をしようと思わなくなります。

② 有酸素運動

ウォーキング、ジョギング、水泳などの有酸素運動を行うと、アドレナリンが分泌されて一時的に血糖値が上昇し、空腹感を感じにくくなります。

③ 常温の水を飲んで身体を潤す

人は体内の水分量が少なくなると、空腹を感じるので、適度な水分を摂っておくこと=食欲を抑えることにつながります。

 

 

また、食べ過ぎを抑える方法もご紹介します。

① よく噛んで食べる

② ゆっくり食べる

③ 食物繊維(野菜)から食べる

④ 規則正しく食事を摂る

⑤ ながら食べをしない

みなさんも食欲が止まらない!!!というときがあれば、試してみてください!

部屋作り!

みなさん、こんにちは!最近、部屋の模様替えをしたいなーと思っている松山です。よろしくお願いします!

 

 

私が今住んでいる家は1Kのアパートなので、大掛かりな模様替えはできないのですが、部屋の雰囲気を変えたいなと考えています。

部屋を模様替えするにあたって、まずは断捨離や片付けを行う予定です。

といっても、学生時代に断捨離に目覚め、かなり物が少ない状態で暮らしているので、これ以上何を減らそうかと悩んでおります…。

目安としては、1年以上使っていないものは今後も使うことはほとんど無いそうです。

たしかに、こんなに物が少ない我が家でも、引出しの奥に眠っているものがある気がします。笑

 

 

部屋の状態は自分の心の状態を表すとも言われています。

みなさんも断捨離や片づけ、模様替えなどで自分の家や部屋をスッキリさせ、自分だけのお気に入り空間にしてみませんか?

 

 

ここで注意したいのが、目的がすり替わることです。

『自分のお気に入りの空間を作る』という目的が、徐々に『断捨離を突き詰める』『片付けを徹底する』『人に見せても恥ずかしくない部屋にする』などの目的にすり替わってしまい、楽しくわくわくすることをしていたはずなのに、その行為自体がストレスになることだってあるのです。

あくまでも自分の感性を大切にした部屋づくり、みなさんも楽しんでくださいね!

先週の出来事!

みなさん、こんにちは!

先日のお休みに1人で小京都の湯へ行き、茶壺の抹茶風呂にのんびり浸かって、そのあとレストランで『湯あがりパフェ』を食べて、休日をしっかり満喫してきた松山です。

よろしくお願いします!

 

 

みなさんの中で、小京都の湯の『湯あがりパフェ』をすでに召し上がられた方はいらっしゃいますか?

西尾の情報誌に色々なパフェが掲載されていて、その中に小京都の湯のパフェも載っていたのですが、あの可愛らしく上品な見た目にすごく惹き付けられて、それが目的で小京都の湯へ足を運びました!笑

image

そして、なんと!見た目だけでなく、味もとっても美味しく、大満足でした!!!

中に入っているクリームとジェラード、スポンジやあんこなどの色々な具材が口の中に入れると、ものすごくマッチして、私はこれまで食べたパフェの中で1番好きなパフェでした!

甘いものが好きな方は是非一度、召し上がってみてください!

 

 

話は変わりまして、先日、ロクサンでも告知をしていたレズミルズイベントにスタッフ何人かでお手伝いに行ってきました!

ロクサンでも昔から導入しているレズミルズプログラム。このプログラムは全世界でとても人気があり、有名トレーナーさんに至っては芸能人並みの人気があります!

その有名なトレーナーさんに交じって我がロクサンのエース、徳田インストラクターと尾崎インストラクターがレッスンをしてきたのです!(尾崎イントラがロクサン以外で働いている会社が主催のイベントでした)

とってもかっこよかったので、みなさんにもその様子をお伝えしたいのですが、写真しかありませんので、写真でご容赦ください。

DSC_0516

DSC_0517

ロクサンの会員様も何人か来てくださっていました。ありがとうございます!

興味のある方は、また次の機会に是非ご参加くださいね!

防寒対策!

みなさん、こんにちは!最近、愛知県も冬は寒いのだなと痛感している松山です。よろしくお願いします!

年末年始に地元の秋田県に帰省して東北の寒さを思い出してきたばかりなので、愛知県の冬は乗り越えられると思っていたのですが、今日の寒さは骨身に堪えました…。

みなさんも防寒対策はしっかりと行い、体調管理には気を付けていきましょう!

 

 

ちなみにみなさんは、身体を温めるための行動と言われれば、どのような行動が思い浮かびますか?

例えば、温かい飲み物を飲んだり、お風呂に入ったりするなどの行動が思い浮かびますよね。

温かい飲み物を買って飲むことくらいは、自動販売機やコンビニが近くにあれば、すぐできる行動だと思いますが、今日のブログでは身体1つですぐにできる身体を温める方法を紹介していきます!

 

 

・かかとの上げ下げ

 かかとの上げ下げをする際に使われるふくらはぎは大きな筋肉の塊で、第2の心臓とも呼ばれています。かかとの上げ下げをすることで簡単かつ効果的にふくらはぎの筋肉を使うことができ、それによって温まった血液が全身に送られるため、身体全体を温める効果があるとされています。

・手のグーパー運動

手先指先の冷えには、グーパー運動が効果的です。手でじゃんけんのグーとパーの動きを繰り返すだけという簡単なものですが、しばらくすると、ぽかぽかしてきます。

 

 

また、カイロなどを持っている場合は、「3つの首」と「大きな筋肉」を意識して、その部分を温めると効率よく身体を温められます。

3つの首とは、「首」、「手首」、「足首」のことです。

ここには太い血管が通っているので、この部分を温めることで、より効果的に全身を温めることができるのです。

 

 

血管がたくさん集まっている大きな筋肉を温めることも、非常に効果的なのだとか。

ちなみに、カイロを貼るのにオススメの場所は「お腹」「腰からお尻にかけて」「太ももの前面」になります。

みなさんもぜひ試してみてください!