matsuyama のすべての投稿

S字カーブの重要性

みなさん、こんにちは。彩夏です!

今回のお話のテーマは「S字カーブの重要性について」です。

これまで何週にもわたって姿勢のことをお伝えしてきましたが、その中で背骨のS字カーブについてたくさん触れてきました。

そこで今回は、人間の背骨がS字カーブを描く重要性について    一緒に勉強していきましょう!

 

 

今まで何度も骨盤の傾きが正しく、背骨が正しいS字カーブを描いていれば、それは正しい姿勢だというお話をしていたと思いますが、そもそも骨盤の傾きや背骨のS字カーブがどのような状態が理想なのか、よく分からないですよね?

今からご説明します!

人間の背骨には、頸椎(首のカーブ)胸椎(背中のカーブ)腰椎(腰のカーブ)、その下に仙骨と尾骨があり、背骨全体で ゆるやかな3つのカーブを描いています。

そして、首のカーブは少し前に湾曲(反る)背中のカーブは やや後ろに弯曲(丸まる)腰のカーブ前に湾曲(反る)、 骨盤はやや前傾している状態が正しいとされています。 

 

 

背骨にあるこの3つのカーブのおかげで、人間は体重の10分の1程度の重さがあるとされる自身の重い頭をしっかり支えることができるのです。

また、飛び跳ねたり、普通に歩いたりする際に地面から伝わる頭への衝撃も、この背骨のS字カーブがクッションの役割を果たすことで衝撃を吸収してくれているのです。

 

 

このS字カーブが消失している「平背」別名:フラットバック という、以前に説明した不良姿勢がどれだけ身体に負荷をかけているか、ご理解いただけたのではないでしょうか。

胸椎部分の丸まるカーブが大きくなると猫背、腰椎部分の反るカーブが大きくなると反り腰など、背骨のカーブが大きくなることで不良姿勢が引き起こされ、

反対にこのカーブが全く無くなってしまうと、一見、姿勢はよく 見えるのですが、上記のとおり身体への負荷がかなり大きくなります。

 

背骨は自分では見えないので、自身の背骨の状態を把握するのは難しいと思いますが、以前にご紹介した正しい姿勢チェック方法を試して

頭・背中・お尻・かかとのどこかが壁から離れていたり、腰と壁の間に手の平1枚以上の隙間があったり、反対に隙間が全く無いというような場合は、背骨のS字カーブが大きくなりすぎているか、背骨のS字カーブが消失している可能性があるので、何度もお伝えしていますが、まずはお家の壁で姿勢のチェックをするところからやってみてくださいね!

では、また来週!

 

 

スウェイバック姿勢とは?

みなさん、こんにちは。彩夏です!

今回のお話のテーマは「スウェイバック姿勢について」です。

先週、先々週に引き続き、今週も姿勢のお話です。

今回は日本人に多いとされる不良姿勢「スウェイバック」についてみなさんと一緒に勉強していこうと思います。

 

 

スウェイバック姿勢というのは一見、猫背と反り腰が混ざったような姿勢に見えます。

しかし、反り腰は通常、骨盤が前傾しているのに対して、スウェイバック姿勢は骨盤が後傾しています。

 

 

ではなぜ、骨盤の傾きが真逆である反り腰とスウェイバック姿勢が同じような姿勢に見えてしまうのでしょうか?

その答えには、スウェイバック姿勢における骨盤や股関節の位置が関係しています。

 

スウェイバック姿勢では、骨盤や股関節などのお腹・腰周りがかなり前方へスライドしています。

そのため、お腹がポッコリと前に出てしまい、反対に背中などの上半身は後ろに引かれて丸まった状態になり、姿勢のバランスを取るために頭は前に突き出てしまうのです。

 

 

背中が丸まって頭が前に突き出ているので、猫背ではあるのですが、それに加えて、お腹・腰周りが前方へスライドし、更には膝が曲がっているので、身体全体でS字カーブを描いているような姿勢に見えます。

そのため、腰自体は反っていなくても、身体全体でカーブを描いているので、一見すると反り腰ように見えるのです。

 

 

しかし、先程もお伝えしたように、反り腰とスウェイバック姿勢では骨盤の傾きが真逆なので、この2つの不良姿勢を改善するためのアプローチ方法は異なります。

自分は反り腰だと思い込んでいた人が、実はスウェイバック姿勢だった!ということはよくあるんだそうです。

 

 

反り腰の身体への悪影響ももちろん深刻ですが、スウェイバック姿勢はポッコリお腹、巻き肩、猫背、ストレートネック、がに股など本当に様々な身体の歪みを引き起こしてしまう不良姿勢です。

まずは自分がどの不良姿勢なのかをしっかりと把握し、自分の不良姿勢にあったアプローチをしていきましょう!

では、また来週!

 

悪い姿勢を知ろう!

みなさん、こんにちは。彩夏です!

今回のお話のテーマは「悪い姿勢の特徴を知ろう!」です。

前回に引き続き、姿勢のお話をしていきますが、今回は「悪い姿勢」についてみなさんと一緒に勉強していこうと思います。

 

 

人間の姿勢には、背骨のカーブ(通称S字カーブと呼ばれるもの)と骨盤の傾きが大きく影響しています。

骨盤の傾きが正しく、背骨が正しいS字カーブを描いていれば、前回お話した「正しい姿勢」というものが自然にできるのだとか。

 

 

しかし、この骨盤の傾きや背骨のS字カーブは人によって個人差があります。

そのため、「悪い姿勢」と一口に言っても、悪い姿勢にはたくさんの種類があります。

たくさんある中でも、みなさんがなりやすい「よくある悪い姿勢」というものもあるので、今回はその悪い姿勢をいくつか紹介させていただきます。

 

 

1つ目は猫背です。

これはみなさんもよくご存知なのではないでしょうか。

頭が前に出ていて、背中の部分が丸くなっている姿勢です。

猫背には骨盤が後傾しているタイプの猫背と、骨盤が前傾しているタイプの猫背があり、猫背と一括りにしても、骨盤の傾き方は人それぞれ違うのです。

そして、猫背は見た目が良くないだけではなく、内臓が圧迫されたり、様々な身体の不調の原因となっています。

 

 

2つ目は反り腰です。

これもよくある悪い姿勢の一つです。

骨盤が前傾していて、その名の通り腰が反った姿勢のことです。

腰痛になりやすく、背中や首の痛みの原因にもなります。

 

 

3つ目は平背(へいはい)です。

これはあまり聞き馴染みがない言葉かもしれませんね。

背骨に本来あるはずのゆるやかなS字カーブが消失してしまった姿勢のことを指します。

平背になる原因は様々ですが、最も多いのはイスに浅く腰掛ける癖が骨盤を後傾させすぎてしまうことが原因です。

平背は一見良い姿勢のように見えますが、実は猫背以上に身体にかなりの負担がかかっています。

 

 

上記以外にも、日本人によく見られる「スウェイバック」と呼ばれる不良姿勢もあるのですが、これは説明が難しいのでまた次回ご紹介します!

では、また来週!

正しい姿勢

みなさん、お久しぶりです。

本日からブログ投稿に復活した彩夏です!

また以前のように運動の事や身体の事、たまに雑学など、読んでいただいているみなさんの為になるような事柄をこのブログを通して発信していけたらと思っています。

改めまして、よろしくお願いします!

 

今回のお話のテーマは「正しい姿勢を知っていますか?」です。

みなさんは普段からここロクサンで運動されているので、正しい姿勢への意識が高い方が多いのではないでしょうか?

 

もう既に自分で「正しい姿勢」というものを理解して実践している方もみえると思いますが、ここで正しい姿勢のポイントを一緒に再確認していきましょう!

知らなかった!という方がいましたら、ぜひ今後の生活で意識してみてください!

 

正しい姿勢というのは、身体を横から見た時に

「⽿→肩→股関節→ひざ→くるぶし」が一直線上にある状態のことを指します。

また、正面から見た時には

左右の「⽿、肩、⾻盤、ひざ」の⾼さが平行になっていることがポイントだとか。

一人でも確認できる方法があるので、試してみてください!

 

正しい姿勢チェック方法

 

まず、お家の中の壁を背にして、いつも通り立ってみてください。

この時、「後頭部・背中・お尻・かかと」の4点が壁についているかどうか、さらに、背中と壁の間に⼿の平くらいのスペースがあるかどうか確認しましょう。

上記の通りであれば、あなたは正しい姿勢ができています。

 

次のような状態だと、正しい姿勢とは言えないそうです。

・背中と壁の間に⼿の平が2枚以上⼊る

・背中と壁の間にこぶしが入る

・背中と壁の間に⼿の平が⼊る隙間がない

・背中はつくが、後頭部やかかとがつかない

 

みなさん、どうでしたか?

正しい姿勢というのは、普段から繰り返し意識することで身につくそうなので、気付いたときに壁で姿勢をチェックする癖をつけてみてはいかがでしょうか。

では、また来週!

 

ご挨拶

みなさん、こんにちは!水曜日担当の松山です。よろしくお願いします!

 

 

今日はみなさんにお伝えすることがあります。

これまでロクサンでは、ブログの毎日投稿(休館日を除く)を長年続けてきましたが、この度のスタッフ永谷のスイミングへの異動に伴い、金曜日のブログを担当するスタッフがいなくなってしまうため、この機会にブログの毎日投稿を廃止し、ブログとインスタグラムの両方を交互に投稿していくこととなりました。

 

 

これまで同様にブログを担当するのは、火曜日の西藤・木曜日の森・日曜日の練の3人です。

そして、徳田・尾関・松山の3人はインスタグラムでの投稿を担当しますので、ブログを引退させていただきます。

もちろん、お伝えしたいことがあるときや、イベントのお誘いをする際にまた、ブログにひょっこり現れることもあると思いますので、その際はぜひ私たちのブログも読んでくださいね!

 

 

自分は入社してから約4年ほど毎週水曜日のブログを担当してきて、177本のブログを書いておりました。そして、このブログが178本目となります!(区切りは良くないですね笑)

これまでクラブ内の催事の紹介や、運動に関する知識、私の個人的なお話など、たくさんのことをお伝えしてきました。

私のブログを読んで声をかけてくださる会員様も多く、それはとても嬉しかったです!

 

 

今後ブログでみなさんと関われる機会は減りますが、インスタグラムの投稿を通してお伝えしたいことを発信していきますので、みなさん是非ロクサン公式インスタのフォローもお願いします!

今週、尾関からもブログ引退のご挨拶があると思いますが、引き続きロクサンのブログ・インスタをよろしくお願い致します!!!

あなたはどちら派?

みなさん、こんにちは!水曜日担当の松山です。よろしくお願いします!

 

 

突然ですが、みなさんは『自重トレーニング』と『ウエイトトレーニング』どちらがお好きですか?

Aさん「筋肉を大きくするには断然ウエイトトレーニングだ!自重なんて意味ないよ!!」

Bさん「使える筋肉をつけたかったら絶対自重トレーニングだよ!ウエイトトレーニングでついた筋肉は使えない!!」

みなさんはこういった考えを持っていないでしょうか?

 

 

ここで、『自重トレーニング』と『ウエイトトレーニング』の違いについて簡単に説明しておきます。

『自重トレーニング』とは、自らの体重を負荷にして行うトレーニングのことです。

『ウエイトトレーニング』とは、ダンベルやバーベルなどの重りを使って行うトレーニングのことです。

そして、『自重トレーニング』と『ウエイトトレーニング』どちらにもメリットとデメリットがあります。

 

 

自重トレーニングはウエイトトレーニングと比べて、トレーニングの場所を選ばない・自分の身体をコントロールするボディコントロール能力が身につくというメリットがある反面、自分の体重以上の負荷をかけられないというデメリットがあります。

反対にウエイトトレーニングは、自重トレーニングとは比べ物にならないほど高い負荷を筋肉にかけることができ、筋肥大させる(筋肉を大きくする)には最適なトレーニングです。しかし、トレーニングできる場所が限られること、また良くも悪くも、狙った筋肉をピンポイントでしか鍛えられないという側面があります。

両方のトレーニングを行うことができればとても良いのですが、そこまで時間がないという方もいるでしょうし、そもそもの自分がトレーニングをする目的がはっきりしている人は、自分の目的に合わせてどちらかのトレーニングに絞っても良いと思います!

みなさんのトレーニングの目的が何なのか次第で、選ぶトレーニング方法も変わってくるので、一概に「このトレーニングは最強!」「あのトレーニングは良くない!」と決めつけないように気を付けたいですね!

今日は何の日?

みなさん、こんにちは!水曜日担当の松山です。よろしくお願いします!

 

 

今日の日付は1月8日なのですが、過去の1月8日にある大きな出来事がありました。みなさんはその出来事が何か分かりますか?

実は、1月8日は『平成』がスタートした日なんだそうです!!!

1989(昭和64)年1月7日の昭和天皇御崩御を受けて、同年1月8日に皇太子明仁親王が天皇に即位されました。

そして、新天皇の即位に伴い、元号が『昭和』から『平成』と改められ即日施行されたのです。

 

 

ふと、「今日は何の日なのだろう?」と思い、調べてみたところ、平成がスタートした日だったので、少し驚きました!

そして、今はもう既に『令和2年』を迎えております。

月日が経つのは早いですねぇ…

 

 

今までは自分が『平成生まれ』ということで驚かれることが多々ありましたが、今後は私も『令和生まれ』の子供たちを驚く側に回ることになります!笑

感慨深いものです。

元号が『平成』から『令和』となり、これからどんな未来が待っているのか、今のところ期待と不安が半分ずつという感じですが、とりあえず今年2020年のオリンピックイヤーを全力で駆け抜けていきたいと思います!

みなさんにとっても良い1年になりますように☆彡

残り僅か!

みなさん、こんにちは!水曜日担当の松山です。よろしくお願いします!

 

 

尾関のブログにもありましたが、新年のレズミルズコラボレッスンへExpress予約してくださったみなさん、ありがとうございました!

おかげさまで、ボディパンプ・ボディコンバット・ボディジャムの3レッスンは満員御礼となっております。

また、レズミルズトーンもExpress予約枠が残り数枠、ボディバランスも定員まであと数枠しか残っておりませんので、参加を悩んでいる方はお早めご予約を!(確実に参加するためにはExpress予約をお勧めしております)

 

 

新年特別営業の3日間は、スタジオレッスンがこのレズミルズコラボレッスンしかありませんので、普段あまり出ないレッスンであっても、この機会に参加してみませんか?

年初めから新しいことにチャレンジして、2020年の良いスタートを切りましょう!!!

反対にいつもこれらのレッスンに参加してくださっているみなさんは、何を悩んでいらっしゃるのですか?!笑

日に日に参加枠が少なくなっていますので、新年にロクサンに来館のご予定があるならば!お早めに参加を確定させちゃいましょう!

私たちと一緒に楽しいレッスンで盛り上がりましょう☆☆☆

Express予約とは?

みなさん、こんにちは!水曜日担当の松山です。よろしくお願いします!

 

 

突然ですが、レズミルズプログラムのファンのみなさんは、新年イベントの1つである『新曲発表コラボレッスン』に参加のご予定はありますか?

今回は2日間に渡って、ロクサンで行っているレズミルズプログラム5種類全てで新曲発表を兼ねたコラボレッスンを行います!

参加イントラはまだ秘密!ですが、イントラの数は確実にいつもより多いので盛り上がること間違いなし!

 

 

新年一発目のレズミルズレッスンを気持ちよく受けてもらうために、今回はボディコンバット・ボディジャム・ボディパンプ・レズミルズトーン・ボディバランス全てのレッスンで定員数を定めています。

そのため、レッスンの予約をしていただかないと、このコラボレッスンにはご参加いただけません。

そして、確実にこのコラボレッスンに参加したい!という方のために、『全枠Express予約可能』という制度を設けています!

 

 

日頃からボディパンプのレッスンにご参加いただいている会員様はご存じの方が多いかと思いますが、Express予約というのは、550円(税込み)をお支払いいただくことでそのレッスンへの参加を確定させることができる予約方法のことです。

このExpress予約枠は通常3枠しかないのですが、今回は定員数全て、つまり全枠Express予約が可能となっております。

さらに、Express予約をしていただいた会員様には予約順に優先入場の特典がございます。

 

 

反対に言うと、通常予約の方はキャンセル待ち扱いとなり、イベント当日までコラボレッスンに参加できるかどうか分からないということですので、新年は確実にロクサンに来館の予定がある!という方にはExpress予約がお勧めです!

キャンセルは1月2日(木)までにお願い致します。1月3日(金)以降のキャンセルは返金ができませんので、ご了承ください。

 

 

また、1月2日(木)~4日(土)の3日間、元旦にロクサンから届く年賀状をお持ちいただくことで、『ロクサンみくじ』にご参加いただけ、ハズレなしで何かしらの景品が当たるようになっておりますので、ぜひご参加ください!

1月2日(木)のみ、13:30~先着200名様に『甘酒振る舞い』を行っておりますので、こちらも併せてお立ち寄りくださいね☆

☆新年イベント☆

みなさん、こんにちは!水曜日担当の松山です。よろしくお願いします!

 

 

みなさんはもう年末年始の特別営業レッスンタイムテーブルをご覧になりましたか?

館内にも案内が貼り出されておりますし、お持ち帰りいただけるご案内用紙も準備してありますので、ぜひお持ち帰りくださいね!

 

 

2020年一発目のイベントは、新年イベントです!

年明け初日の1月2日(木)は、『甘酒振る舞い』と『ロクサンみくじ』。

続く3日(金)・4日(土)は『レズミルズ新曲発表コラボレッスン』と『ロクサンみくじ』となっております。

 

 

『甘酒振る舞い』は先着200名様ですので、お早めにお越しください。

『ロクサンみくじ』は3日間開催し、毎日平等に景品をご用意しておりますので、どの日にくじを引くのか吟味していただいても構いません。

ロクサンからの年賀状をご提示いただくことが参加の条件ですので、お忘れないようにお願い致します。

『レズミルズ新曲発表コラボレッスン』では全枠Express予約が可能ですので、このコラボレッスンに参加して盛り上がりたい!という方は是非、Express予約でのお申し込みを!!!(Express予約をしていただいた方にはスタジオへの優先入場の権利がございます)

新年は私たちと一緒にロクサンで楽しみましょう☆☆☆