saito のすべての投稿

美肌作り

こんにちは。

日曜日担当の西藤です。

今週もご覧いただきありがとうございます。

今日の、我が家の子です。

FullSizeR (027)

美しいエルちゃん♂です。

 

今の季節、肌の悩みがある方、いらっしゃると思います。

しかし、なんとなくこれが良さそうだからという理由でケア用品を選んでませんか?

今日は悩める肌別の有効成分についてお話させて頂きます。

 

にきび肌には

・ビタミンC誘導体(ニキビの炎症を防ぐ抗酸化作用やメラニン産生を抑制する)

・イオウ(アクネ菌の繁殖・殺菌作用がある)

・サリチル酸(ピーリング作用で肌のターンオーバーを促進する)

・グリチルリチン酸ジカリウム(ニキビの悪化を防ぐ抗炎症作用が期待できる)

・大豆イソフラボン(毛穴の詰まりにくいお肌を作り、ニキビの発生を予防する)

 

しみ、そばかす肌には

・ビタミンC誘導体(肌の奥に浸透してビタミンCへと変化してメラニンを抑制する)

・トラネキサム酸(ニキビ跡や肝斑にも効果が期待できる)

・ハイドロキノン(メラニンの生成を抑制する)

・アルブチン(メラニンの合成を阻害する)

・プラセンタ(メラニンの生成を抑えてターンオーバーを促し、コラーゲンを生成する)

 

乾燥、しわが気になる肌には

・セラミド(外部からの刺激を和らげる)

・ビタミンC誘導体(コラーゲンを促す作用があり、弾力のある肌を保つ)

・ヒアルロン酸(水分の蒸発を防ぐ)

・フラーレン(高い保湿作用に加え、肌の老化を進める活性酸素の働きを抑える)

 

たるみ肌には

・ペプチド(外部刺激によって引き起こされたダメージが回復しやすくなる)

・コラーゲン(肌に膜を作り出し、水分を逃がさないように保湿する)

・エラスチン(コラーゲンと結びつき、肌内部に張り巡らされた中に、ヒアルロン酸の潤いが満たされることによってハリを保つことができる)

・プラセンタ(コラーゲンやエスラチンの生成を促進させる因子が含まれる)

 

このように肌の悩みで使い分けると、効果が出やすいかもしれませんね。

少しでも参考になれば幸いです。

 

今週もお読みいただき、ありがとうございました。

来週もよろしくお願いいたします。

寝る前に

こんばんは。

日曜日担当の西藤です。

今週もご覧いただきありがとうございます。

今日の、我が家の子です。

IMG_0502

お風呂後のあーちゃんです。

 

今日は夜寝る前の読書についてお話させて頂きます。

最近、寝る前にスマホの電子漫画や電子小説を読んでから寝る事が増えたのですが、読み込んでしまいつい寝るのが遅くなってしまうことがあります。

今日は寝る前の電子書籍(寝る前のスマホ)の危険性についてお話させて頂きます。

寝る前に小さめの電気をつけて小説を読むことがある方は少なくないのではないでしょうか?

寝る前に小説を読むと少し時間が経つと眠くなる事は良くあると思います。

しかし、スマホが普及した現代では簡単に漫画や小説をスマホで見ることが出来ます。

しかし、寝る前に電子小説や漫画(以下書籍)を読むことで、睡眠障害、生活リズムの乱れを引き起こす可能性があると言われています。

電子書籍を読むことで、睡眠に入るまでの時間が長くなり、翌日起きる時間が遅くなり、目覚めの気分の悪化が見られるというデータが海外の研究で出ているそうです。

毎日続けてしまうと、徐々に体内のリズムが崩れていき様々な体の不調が出る可能性もあります。

書籍なら大丈夫と思わず、夜の電子書籍には気を付けましょう。

今週もお読みいただき、ありがとうございました。

来週もよろしくお願いいたします。

こんにちは。

日曜日担当の西藤です。

今週もご覧いただきありがとうございます。

新年最初の今日の我が子は我が家の子ではなく、親戚の家の子です。

image

チワワのしじみちゃんです。

 

今日は、太りにくいお餅の食べ方についてお話しさせていただきます。

 

お餅1個のカロリー

切り餅2個でごはん茶碗1杯分のカロリーを余裕で超えてしまいます。

皆さんはお正月に何個食べましたか?

 

太りにくくする食べ方

大事なポイントは、血糖値の上昇を穏やかにする食材と組み合わせることです。

 

組み合わせのご紹介

① 野菜と一緒に食べる

食物繊維が含まれる野菜と一緒に食べるのがオススメです。大根おろしは特におすすめです。

他にも食物繊維が多く含まれるきのこや納豆など、自分の好みに合わせるのもいいと思います。

お雑煮に入れる場合も野菜をたくさん入れることをオススメします。

② きなこを付けるなら一緒に牛乳(豆乳)を飲む

 きなこだけだと砂糖の摂取が気になります。

血糖値の上昇を穏やかにする牛乳や豆乳を一緒に飲むことをオススメします。

カルシウムも補給できるので栄養のバランスも整います。

③ 海苔巻餅にする

海苔でお餅が見えなくなるくらいたっぷり巻きます。海藻の食物繊維で血糖値の上昇を緩やかにしてくれます。

インスタントのワカメスープなどでもいいかと思います。

 

ここにあげた方法なら何個食べても問題ないというわけではありません。

参考にしてみてくださいね。

 

今週もお読みいただき、ありがとうございました。

来週もよろしくお願いいたします。

カテキン

こんにちは。

日曜日担当の西藤です。

今週もご覧いただきありがとうございます。

今日の我が子です。

image

服に埋もれる、福ちゃんです。暖かいのかいつも入ってきます。

 

今日はカテキンについてです。

カテキンは、緑茶や紅茶などお茶に含まれています。

 

カテキンの効能

1. 風邪予防

殺菌作用があり、飲む・うがいをすることでのどの抗菌作用を得ることができます。

 

2. インフルエンザ予防

ウイルスの体内への侵入を妨害する効果があるといわれています。また侵入したとしてもカテキンを摂取することでウイルスの増殖を抑制できるそうです。

 

3. 動脈硬化予防

悪玉コレステロールの減少、善玉コレステロールを増加させる作用があります。血栓ができにくくなり血管の状態が良くなり動脈硬化の危険が軽減します。

 

4. 糖尿病予防

血糖値の上昇を抑える作用があります。

 

5. 脂肪燃焼効果

脂肪の燃焼を促進させる効果があります。

 

これらの効果はすぐに出るものではありませんが、習慣的に飲むことで様々な病気や症状を予防することができます。

 

まだまだ寒い時期が続きますので、風邪などに気を付けて良い年末をお過ごしください。

西藤の2018年ブログは今日で最後です。

お読みいただき、ありがとうございました。

来年もよろしくお願いいたします。

マシュマロ

こんにちは。

日曜日担当の西藤です。

今週もご覧いただきありがとうございます。

今日の我が子です。

IMG_0137

マシュマロのように柔らかい福ちゃんです。

 

今日はマシュマロについてお話させて頂きます。

 

マシュマロの成分

砂糖、水あめ、ゼラチン、コンスターチ、卵白など。

ゼラチンの栄養の92%が体内で分解され、お肌に良いとされるコラーゲンになります。

 

マシュマロのカロリー

1個あたり6カロリーとかなり低めです。

ゼラチン、卵白が主成分のため高いカロリーにはならないようです。

10個程度で1日に必要なコラーゲン量が補えるともいいます。

ちなみに、マシュマロの糖質ですが、1個あたり約2.4gと少なめです。

ダイエット中であれば、4個程度に抑えましょう。

 

マシュマロの効能

コラーゲンがたっぷりなため、美容・美肌効果が見込めます。

 

マシュマロの良い摂り方

マシュマロに含まれるゼラチンとビタミンCを一緒に摂取する事で、コラーゲンの生成量が多くなるそうです。

私のお勧めのレシピはとても簡単なものですが、ヨーグルトにカットした果物と一緒にマシュマロを入れるものです。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

来週もよろしくお願いいたします。

生姜シロップ

こんにちは。

日曜日担当の西藤です。

今週もご覧いただきありがとうございます。

今日の我が子です。

FullSizeR (025)

ぴっとり!!

 

今日は生姜シロップについてお話させて頂きます。

私は今日始めてこの名前を聞きましたが、皆さんはご存知でしょうか?

 

まずは、生姜についてお話します。

生姜には身体を温める効果があるのは良く聞きますが、摂り方を間違えると身体を冷やしてしまうかもしれないのです。

身体を冷やしてしまう生姜の食べ方は、生で食べることです。

生で食べると生姜に含まれるジンゲオールという成分により、身体を冷やしてしまうのだそうです。

一瞬は温まるのですが、その後内臓をどんどん冷やしてしまいます。

そのため、生の生姜は、身体を温めたいときには逆効果になってしまいます。

そこで生姜に熱を加えます。

熱を加えることにより、生姜に含まれるジンゲオールがショウガオールという成分に変化します。

ショウガオールは、血管を拡張させ長い時間をかけて身体を温める効果があります。

つまり、温かい紅茶に擦った生姜を入れるだけでは意味がありません。調理の過程で火を通したものを摂るようにしましょう。

 

次に生姜シロップについてです。

生姜シロップとは、生姜のエキスを抽出するために、じっくり煮込んで作ったシロップのことです。

じっくり煮込まれているため、身体を温める効果もありますし、保存できる期間も二週間ほどと長めなので、持ち歩けばいつでも生姜の恩恵を受けられます。

市販でも売られていますが、家でも簡単に作ることが出来ます。

 

作り方

材料は、生姜、三温糖、水、はちみつです。

生姜をよく洗います。半分はスライスし、半分は擦りおろしておきます。鍋に水と三温糖、はちみつを加えて火にかけます。

三温糖が溶けたら生姜を投入し、弱火で10分程度煮ます。火からおろし、粗熱がとれたらザルなどで濾します。

密閉瓶などに入れて保存しましょう。

完成した生姜シロップは、ヨーグルトやケーキにかけるのもいいですし、炒め物の味付けに使ってもいいと思います。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

来週もよろしくお願いいたします。

耳鳴り

こんにちは。

日曜日担当の西藤です。

今週もご覧いただきありがとうございます。

今日の我が子です。

IMG_9675

ふわふわな物で遊ぶ福ちゃんです。

 

今日は耳鳴りについてお話しさせていただきます。

 

耳鳴りは本人にしか聞こえない音で、加齢とともに自覚するようになることが多いです。

しかし耳鳴りの原因は、加齢によるものだけではありません。

高血圧や脳血管疾患などが原因のこともあります。

あまりにひどい場合は、耳鼻咽喉科で検査をしてもらいましょう。

病気が影響している場合の耳鳴りは、治癒すればなくなるそうです。

 

耳鳴りの原因

・ストレスを溜めている

・病気にかかっている

 

耳鳴りが伝える病気のサイン

耳鳴りは本来、命にかかわるものではありませんが、病気が原因のものは放置するわけにはいきません。

先程述べたように長引き、ひどい場合は以下の病気が疑われるかもしれません。

・メニエ-ル病

・突発性難聴

・老人性難聴

・自律神経失調症

・外耳道炎

・中耳炎

・鼓膜炎

・耳管機能不全

・聴神経腫瘍

・脳腫瘍、脳梗塞、脳出血

など

 

特に「キーン」という高い音がする場合は脳に何らかの異常が起こっている可能性があります。

老化や疲れの可能性もあれば、突発性難聴や脳の病気かもしれません。

自己判断だけに頼らず、続く場合は病院に行きましょう。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

来週もよろしくお願いいたします。

乾燥肌

こんにちは。

日曜日担当の西藤です。

今週もご覧いただきありがとうございます。

今日の我が子はお休みです。

今日は最近、出会った可愛い子達です。

image

コザクラインコの雛鳥です。

 

これからの時期、外の寒さや、室内の暖房で肌が乾燥しやすくなってきます。

これからの時期のお肌に備えて、今日は肌の乾燥の防ぎ方についてです。

 

ほとんどの方は肌の乾燥には美容液や乳液をつけることが大切と思っているのではないでしょうか。

ですが一番大切なことは、お水を飲むことです。

冬場は汗もかきにくいですし、水分も夏ほど摂らないかと思います。

しかし肌のうるおいは、口から入り体内を循環する水分と密接な関係があります。

外からの保湿も大切ですが、体の中にも水分をしっかり補充し、効果的なケアを心がけましょう。

 

また朝起きた後の水分補給が特に大切です。

睡眠中は特に暑さを感じていなくても、コップ1杯分ほどの汗をかいています。

朝は体内に水分が少なくなっているため、起きたらすぐに水分を摂るようにしましょう。

起きてから飲むことで、血液がどろどろの状態を正常にしてくれます。

 

肌の乾燥を防いで、すこやかな肌を保つためにも、冬場もしっかり水分補給を心がけましょう。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

来週もよろしくお願いいたします。

頭痛

こんにちは。

日曜日担当の西藤です。

今週もご覧いただきありがとうございます。

今日の我が家の子です。

image

珍しく登っていました。きうちゃんです。

 

今日は頭痛についてです。頭痛にもいくつか症状があります。

軽視せずに知識を持っておくのもいいかもしれません。

 

まず頭痛は、症候性頭痛と機能性頭痛の2種類にわかれます。

症候性頭痛

原因がはっきりしている頭痛です。

脳腫瘍やクモ膜下出血といった、早急に治療すべき病気による頭痛です。また、髄膜炎などの感染による頭痛、眼の疾患による頭痛などがあります。

機能性頭痛

検査をしてもはっきりとした異常が認められない頭痛です。

ほとんどの慢性頭痛は、機能性頭痛です。機能性頭痛には緊張型頭痛、片頭痛、群発頭痛などがあります。

 

・「緊張性頭痛」・・・頭痛が出る前に肩こりが生じ、そのまま頭痛になることが多くみられます。

また精神面の緊張によっても起こります。

痛みの特徴は、後頭部から肩にかけて痛みが出たり、頭全体にしめつけられるような痛みが出ることがあります。

体のだるさ、目の疲れ、めまいが伴うこともあります。

原因は、筋肉の緊張によって筋肉に老廃物がたまってしまうことです。

長時間同じ姿勢でいたり、猫背、運動不足にならないように気を付けましょう。

パソコンを長時間使ったり、同じ姿勢を長時間持続しなくてはいけないデスクワークの人は要注意です。

 

・「片頭痛」・・・定期的に、こめかみや目を中心にして起こるズキズキと痛む、強い頭痛が特徴です。

まれに、吐き気や嘔吐、めまいが生じ、においや光に過敏になるなどの症状を伴うこともあります。

原因は、脳の血管が拡張することで起こると言われています。

 

・「群発頭痛」・・・強烈な激しい頭痛が、片側の眼の奥や眼の周囲、側頭部に起きます。

一度起こると1~2ヶ月毎日のように続き、その後何事もなかったように頭痛がおさまるという形をとります。

季節の変わり目に年に1~2回、数年に1度などの周期で起こります。

はっきりした原因はわかっていませんが、片頭痛と同じように、血管の拡張により起こる頭痛と言われています。

人によっては、片頭痛と緊張型頭痛を両方とも持っている人もいるようです。

 

最後に、肩こりからくる頭痛についてです。

肩こりから起こる頭痛の特徴は、慢性的な頭痛で、頭に重い痛みがしつこく続きます。

頭を支える筋肉の緊張が高まり、血流が悪い状態が続くことで起こると考えられます。この頭痛が出る前に、後頭部や首筋から肩にかけてハリやコリが生じ、そのまま頭痛になることが多く見られます。

筋肉の血流が悪くなる原因として、ストレスを溜めやすい性格や、日常生活が影響することがあります。日常生活を見直し、悪い条件を改善することで、頭痛が改善されることもあります。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

来週もよろしくお願いいたします。

冬のダイエット鍋

こんにちは。

日曜日担当の西藤です。

今週もご覧いただきありがとうございます。

今日の我が家の子です。今日はあーちゃんです。

FullSizeR (023)

とっても可愛いです。

最近は触れ合えていなかったので久しぶりに抱っこしました。

 

今日は鍋ダイエットについてお話させて頂きます。

温かくて美味しい鍋、冬に食べますよね。

ヘルシーだと思われがちな鍋も意外な落とし穴があります。

その落とし穴についてお伝えします。

 

鍋でダイエットをするには、具材、出汁やスープ選びが重要です。

味の濃いキムチ鍋や味噌鍋、洋風スープを使った鍋は美味しいですが高カロリーです。

また濃い味の鍋によく合う具材も高カロリーなものが多いです。

 

簡単にできるダイエット鍋のコツ

・野菜やきのこ類は煮込みすぎない

野菜やきのこは食物繊維が豊富で低カロリーです。

たくさん鍋に入れて欲しいのですが、入れてから煮込み過ぎないように気をつけましょう。

野菜は歯ごたえがなくなり、キノコ類は出汁に溶け出たほかの食材の脂などを吸ってしまいます。

・出汁は昆布で旨味を活かす

昆布は、旨味の宝庫といわれています。旨味は、甘味・塩味・酸味・苦味に次ぐ第五の味覚として国内だけでなく、海外からも注目されています。

ヘルシーなのに、深い味わいを得ることができ、食べたい気持ちを自然と満たしてくれるとも言われています。

・麺類を糸こんにゃくに変更

乾燥麺は中華麺やうどんと比べるとヘルシーだから安心と思われがちですが、でんぷんで作られているためカロリーは高めです。

麺系のものを入れたい人は、一度糸こんにゃくを加えてみて下さい。

原材料がこんにゃくなので低カロリーに抑えられます。それでいて噛み応えもあり、満腹感も得やすいです。

 

★昆布で出汁を取る

★具材は煮込みすぎず硬め

★なるべく低カロリーな食材を入れる

★ポン酢で食べる

 

鍋をよく食べる方は、試してみてはいかがでしょうか?

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

来週もよろしくお願いいたします。