kato のすべての投稿

退職のご挨拶

 

こんにちは!アスレチックジムトレーナーの加藤です。

この度、4月30日をもちましてパルスポーツクラブ6・3を退職することになりました。そして今日が最後のブログとなります。

コロナウイルスの影響で、皆様に直接ご挨拶ができないままいなくなってしまうことを、申し訳なく思っています。

実は僕はとても人見知りで、中々人との距離を縮めることが苦手でした。けれどロクサンの皆様はとても暖かく受け入れてくださり、お声を掛けていただくことがたくさんありました。そのおかげで気持ちが楽になったことを感謝しています。

また、レッスンでも皆様ととても楽しい時間を過ごすことができました。

imageimage

最後に皆様とラストレッスンができなかったのは寂しいですが、貴重な経験としていつまでも心にしまっておきます。

これから僕をロクサンで見る機会はなくなりますが、近所に住んでいるのでまたどこかで見かけることはあると思います。次に会ったときに筋肉が小さくなっていないように、引き続きしっかりとトレーニングをしておきますね!

今はとても苦しい状況だとは思いますが、乗り越えてまたロクサンに元気に通いに来てくださいね。別の場所から、皆様の健康を心より願っています。

それではお元気で。

clip_image006

加藤 練

自宅での過ごし方

こんにちは!日曜担当の加藤です。ロクサンでは今日もしっかりアルコール消毒をして対策を怠らず営業中です。気の抜けない日々がまだ続きそうですが、一緒に乗り越えていきましょう。

僕が所属するアームレスリングのチームも4月は練習を中止するという措置をとることになりました。確かに密室で多くの人が集まり、手を握って濃厚接触をしているので、条件としては最悪な環境でした。しばらくは自主練習が続きそうなので頑張ってやっていきます。

外出の自粛が呼びかけられていますが、家で時間をつぶせるものを見つけられるといいですね。最近僕は新しいゲームを買ったので、ずっと部屋に引きこもりたいくらいです。

家での筋トレやストレッチ、編み物、この機会に何か資格の勉強をしてみるのも面白いかもしれません。

何かを見つけてストレスをためないようにしましょう。

踏ん張る

こんにちは!日曜担当の加藤です。オリンピックの延期が決まり、日本の盛り上がりがなくなってしまって悲しいと感じる今日この頃です。

しかし、なくなったのではなく延期になっただけなので、気長に待ちましょう!

今が一番の踏ん張り時です。みんなで一緒に乗り越えましょう。

踏ん張るのは確かに大事なことなのですが、トレーニング中の踏ん張りは危険な可能性があります。重たいものを持つときに、踏ん張って息を止めてしまっていませんか?

とても力が入るので踏ん張ってしまう方も多いと思います。しかし、息を止めて踏ん張ると血圧が一気に上がって危険な状態になる可能性があります。しっかりと呼吸をしながら踏ん張ってみましょう。今まで扱ってきた重量が上がらなくなる可能性がありますが、それが本来の自分の力だと認識しましょう。

力を出すときには息をしっかりとはきましょう。適切な呼吸で適切なトレーニングをしましょう。

免疫力

こんにちは!日曜担当の加藤です。毎回花粉症に悩まされる僕ですが、なぜか今回はそんなに影響がありません。免疫力がついいたのでしょうか?今騒がれているコロナウィルスにも免疫力がああれば対策できるはずです。

免疫力を上げるためにこれを食べるといい!というものはもちろんありますが、最終的には栄養バランスのとれた食事が一番です。何かに偏らないような食生活をしましょう。

また、ストレスをためないこと、発散することも免疫力アップに繋がります。ストレス対策におすすめなのが睡眠時間を確保することです。最低でも6時間以上は睡眠時間を確保しましょう。

もちろん適度な運動も免疫力アップに繋がります。体調管理をしっかりとして免疫力を高めましょう。

いつも通り

こんにちは!日曜担当の加藤です。14日の安倍首相の会見で、現状維持という言葉が出ましたので、ロクサンもレッスン縮小や、アスレの有酸素時間制限を引き続き行いながら営業をしていきますのでよろしくお願いします。

さて、わたくしごとですが、年末年始にかけて暴飲暴食による体重の増加があったと以前のブログでお伝えしました。マックス69キロほどあった体重ですが、現在65キロといつも通りの体重に戻りました。この間、おかずの量は減らさずお米の量を少し減らすという手法を行ってきました。いつもよりお米の量が少ないので、よく噛むことで満腹中枢を刺激し、空腹感をなくすことに成功したおかげで食べる量をコントロールできました。

極端に減らす、なくすという行動は逆に良くない結果を導く可能性もあるので、少しずつ無理なく減らしていくことが大事です。ダイエットは短期ではなくて、長期的な目で見てあげることが大切です。

また、食事制限だけでも体重を減らすことは可能ですが、やはり運動と掛け合わせることによって効果は高まっていきます。ロクサンでしっかり運動をして、食事も無理なくコントロールして理想の体型を目指しましょう。

縮小

こんにちは!日曜担当の加藤です。コロナウイルスの影響により、ロクサンも中々通常通りの営業ができないですが、それでもやれる限りのことはしていくのでよろしくお願いします。また、今日は雨なので、午前中は特に換気が難しい状況になっておりますのでご了承ください。午後からは天気は回復に向かうのでしっかりと換気していきます。

普段はレッスンをメインに行っている方も、この機会にプールやアスレチックジムに来てみてはいかがですか?いつもとは違う刺激を得ることでまた新たな楽しみを見つけることができるかもしれません。今できることをしっかりとやっていきましょう。

プールはいつも通りのレッスンで、なおかつレッスン以外での制限もないのでストレスなくご使用できます。皆様のご来館をお待ちしております。

情報

こんにちは!日曜担当の加藤です。コロナウイルスの影響で、ロクサンもすっかり人が少なくなってしまいましたが、今日も元気に営業しています。各自でしっかりと対策をして乗り越えていきましょう。

様々な情報が飛び交い、デマが流れることもありますが、振り回されることのないようにしっかりと情報を吟味しましょう。

僕も昨日スーパーに行ったら、トイレットペーパーや紙類が売り切れているのを見ました。デマが広がり、必要のない品薄が起きているのだと感じました。

このようなことがいつ起こるかわからないので、普段からの備蓄も必要だなと感じました。

皆さんも何かあってからでは遅いので日頃からストックを用意しておくのもいいかもしれません。

負けない

こんにちは!日曜担当の加藤です。皆様のおかげでアスレ通路にはいっぱいの果物が実っています。まだまだたくさんの果物を実らせたいのでご協力お願いします。

近頃はコロナウイルスの影響もあり、集まりなどの自粛が増えています。人の多いところへ行くときは、くれぐれもマスクなどの対策をして感染を防ぎましょう。

 クラブでもアルコール消毒は常備してありますので遠慮なくご使用ください。またスタッフも時々、マシンにアルコール消毒をしていますので、ご了承ください。コロナウイルスにかかっているいないに関わらず、咳をするときはエチケットして衣服やタオル等で口を覆っていただけるようお願い致します。

 また、ウイルスに負けない強い身体をつくるためにも、クラブでしっかりトレーニングをしましょう。よく動いて、よく食べて、よく眠ることで免疫力をしっかり作りましょう。

チョコ

こんにちは!日曜担当の加藤です。今年の今の時期は平年より雨量が多いそうです。冬の乾燥に苦しんでる方にとっては湿度が高くありがたいですが、やはり雨はあまり好きになれませんね。どんよりとした気持ちになりがちですが、今日もしっかりトレーニングをしていきましょう。

金曜日はバレンタインでしたが皆さんはチョコを食べましたか?食べすぎては太ってしまいますが量を守ればいいことがあります。

チョコレートに含まれるカカオポリフェノールには血管を広げる効果があります。これによって特に高血圧の方は血圧を下げる効果が期待できます。また動脈硬化のリスクも下げることができます。

生活習慣病の改善や健康効果を得るためには、1日に5~10g程度のチョコレートを食べるのが良いと考えられています。1日に食べるチョコレートの量は、35g(板チョコなら1枚の7分目あたりまで)にとどめておきましょう。

おうちでトレーニング

こんにちは!日曜担当の加藤です。僕はロクサンでトレーニングをしますが、家でもトレーニングをしています。ブログを始めた頃くらいに写真で一度お見せしたのですが、割とちゃんとできるように器具を揃えています。

ですがつい先日チンニングスタンド(懸垂スタンド)が限界をきてしまいました。普通に懸垂をする分には大丈夫なのですが、僕は重りをつけてトレーニングをするので、耐え切れずに壊れてしまいました。

消耗品なのでしょうがないですが、新しいスタンドがくるまで懸垂ができなくなり残念です。しかし、新たなものが届くということでモチベーションも上がっています。新しく来るスタンドは250キロの重さにも耐えられるものなので、今か今かとワクワクしています。

皆さんもトレーニングをしていく中で、モチベーションが下がるということはあると思いますが、新しい器具や新しいドリンクなど身の回りのものを新しくしてみるといいかもしれません。それを使いたくて、またはそれを飲みたくてトレーニングをしたいとモチベーションを上げる一つの方法になります。

うまく自分のモチベーションをコントロールして、トレーニングと上手に付き合っていきましょう。