「未分類」カテゴリーアーカイブ

夏の水太りを解消!

そろそろ梅雨も明け、日差しの強い夏がやってきます。

体温上昇とともに、冷たいものを食べたり、飲んだりしたくなります。

 

真夏のビールや麦茶は美味しんですよね。

 

食欲は落ちやすいのに、なぜか体重が減らないのが

夏の水太りです。

 

これは三つの〇〇分が原因です。

夏は知らず知らずのうちに三つの〇〇分を取り過ぎてしまいます。

 

・思ったよりも食べていないのに体重が増えた。

・ダイエット中なのに体重の減りが遅い。

 

など感じることがあれば、夏の水太りを疑いましょう。

 

普段の食生活を気をつけておけば、夏の水太りを防ぐことが可能です!

 

水太りを防ぐとカラダが快調で、スッキリするのでとても気分がいいです!

 

少し、絞りたいなと思っている人は夏の水太りを防ぎましょう!

 

水太りの原因とは

水太りの原因は

水分・糖分・塩分です!

 

この三つは夏場に必須の栄養です。

汗をかけば水分が欲しくなります。

 

ついつい、ジュースやアイスクリームを食べてしまうこが多いのではないでしょうか?

 

間食でジュース飲んだり、一日一アイスしたり・・・

自然と水分・糖分・塩分を取り過ぎてしまう季節です。

 

ジュースやアイスはお腹には溜まりにくいから太らないと思いがち。

 

しかし、糖分のブドウ糖は水分と一緒に摂ると細胞に水分を引き込みます。

 

塩分はナトリウムが豊富ですので、血中の水分量を増加させてしまいます。水分が多いと細胞に溜まります。

 

細胞が水分でパンパンになり、水太りの完成です。

夏場の水分補給が大切なのは間違いないですが、水分・糖分・塩分の摂り方に工夫が必要です!

 

環境に合わせて栄養補給

ライフスタイルに合わせて栄養補給の工夫をしましょう!

 

夏場は一日クーラーの部屋で過ごすこともあるかと思います。

この場合、汗はそれほどかいていません。

体内の糖分・塩分をそれほど消費していませんので、糖分・塩分を控えた水分補給にしましょう。

 

ジュースやアイスはNGです。一番水太りを起こしてしまいます。

麦茶・冷水などがオススメ

 

外でカラダを動かす仕事や運動をしている(室内含む)場合は、体内の塩分を消費しています。

 

スポーツドリンクを水で倍に薄めたもので水分補給をすると失われた塩分の補給になります。

 

塩分が失われているからといって、スポーツドリンクを大量に飲むことはむくみに繋がる可能性があります。

 

ハイポトニック飲料と呼ばれる飲み物がオススメ

 

普段の食生活から整えておくことも大切です。

体内の水分調整をしている栄養を普段から摂っておくと、むくみを抑えられます。

 

体内の水分調整を行なっているのは、ナトリウムとカリウムです。

 

腎臓に問題がなければ、腎臓が調整をしてくれますが、ナトリウム、カリウムと食事で摂っておくと腎臓のサポートにもなります。

 

カリウムは、取り過ぎたナトリウムの排出を手伝ってくれます。むくも防止に役立っています。

 

バランス良くミネラルが含まれた食材を食べましょう!

アボガド・ブロッコリー・納豆がオススメ

 

まとめ

水分・糖分・塩分を上手に摂取することが、夏の水太り解消に繋がります。

 

その場しのぎの水分補給は水分・糖分・塩分が多くなることが多くなります。

 

普段の食生活から意識しているとむくみ知らずのカラダになれるでしょう。

 

水太りがないと体調も良いので試してみてくださいね。

 

舌が汚れる原因

みなさん、こんにちは。彩夏です!

今回のお話のテーマは「舌が汚れる原因についてです。

今日は舌の汚れ=舌苔(ぜったい)について一緒に勉強していきましょう!

 

 

みなさんは普段、歯磨きと一緒に舌磨きをしていますか?

口の中にある細菌や食べカスなどの汚れが舌に付着すると、苔が生えたように舌の表面が白くなります。

この舌についた白い汚れを舌苔と言い、口臭などの原因になります。

 

 

また、この舌苔を放置すると、口臭のみならず虫歯や歯周病、舌の痛みや味覚障害、さらには病気に繋がることもあるのです。

怖いですね…

 

 

この舌苔を取り除くには、舌磨き用のブラシを使用するのが一番です。

歯を磨いた歯ブラシをそのまま使ってゴシゴシと舌磨きをすると、舌の表面を傷つけることになり、味覚障害を引き起こしたり、余計に汚れがつきやすい舌になってしまうそうです。

 

 

ただ、舌の汚れはつきやすい人とつきにくい人がいるのだとか。

舌が汚れにくい人は、リラックスしている時(安静時)に舌の先が上前歯の裏側に少し当たっており、舌全体は上顎の天井部分(口蓋)にくっついているのです。

このおかげで、舌は常に唾液で潤った状態となり、汚れがつきにくくなります。

 

 

反対に、舌が汚れやすい人は、舌の先が下前歯の裏側に当たっているなど舌が低い位置にあり、この場合は「口呼吸」をしている場合がほとんどです。

口呼吸は口の中を乾燥させるため、より舌苔がこびりつく原因になってしまいます。

 

 

口呼吸は舌の汚れをつきやすくさせるだけではなく、様々な不調を引き起こす身体にとても悪い癖ですので、是非とも「鼻呼吸」の方を強く意識して生活してみてください!

では、また来週!

 

骨盤の傾きと身体の柔軟性

みなさん、こんにちは。彩夏です!

今回のお話のテーマは「骨盤の傾きと身体の柔軟性について」 です。

前回は骨盤のニュートラルポジションを確認しましたね!

今回は骨盤の前後の傾きと身体の硬さの関係について一緒に         勉強していきましょう!

 

 

骨盤がニュートラルポジションから外れ、通常よりも前に傾いた状態にあるとき、骨盤が前傾していると言い、通常よりも後ろに傾いた状態にあるとき、骨盤が後傾していると言います。

この骨盤の前傾・後傾 は、身体のゆがみや様々な不調を引き起こします。

一般的に、骨盤が前傾している場合は「反り腰」という不良姿勢、骨盤が後傾している場合は「猫背」という不良姿勢を引き起こします。(これまでの復習ですね!)

 

 

そして、この骨盤前傾「反り腰」タイプの人は、太ももの前や背中から腰にかけての筋肉が緊張しているため、その部分が硬くなりやすく、骨盤後傾「猫背」タイプの人は、太ももの裏やふくらはぎ、お尻の筋肉が硬くなりやすいのだとか。

私は学生の頃からとても姿勢が悪く、完全に骨盤後傾型猫背の典型のような姿勢でした。

今は、普段からかなり姿勢を意識しているので、姿勢自体は多少改善されたと思うのですが、この骨盤後傾タイプの特徴でもある太もも裏やふくらはぎ、お尻の筋肉の柔軟性の無さはなかなか改善できません‥‥泣

 

 

長年の猫背の影響で凝り固まった筋肉の柔軟性を取り戻すことは難しいですが、柔軟運動を続けることで少しずつではありますが、必ず成果は出ます!

身体の硬さに悩んでいるという方は私と一緒に地道に、根気強く、ストレッチを続けていきましょうね!

 

 

私のケースのように、身体の硬さというのは何らかの姿勢のゆがみが原因であることがほとんどです。

身体の硬い部分のストレッチを続けるだけではなく、なぜその部分に柔軟性がないのかを根本から考えることで自分の身体としっかり向き合っていきましょう!

では、また来週!

 

 

骨盤のニュートラルポジション

みなさん、こんにちは。彩夏です!

今回のお話のテーマは「骨盤のニュートラルポジションについて」です。

 

 

みなさんは「骨盤を立てる」という言葉を聞いたことがありますか?

普段からトレーニングを行っていたり、レッスンなどに参加している方なら一度は聞いたことがある言葉かと思います。

これまでの姿勢のお話でも何度も登場していた骨盤について、 今から一緒に勉強していきましょう!

 

 

骨盤を立てるとは、骨盤を本来あるべき位置(ニュートラルポジション)に置くということです。

そして、その骨盤の本来あるべき位置(ニュートラルポジション)というのは、骨盤の左右が水平(左右の高さが同じ)で、骨盤が前や後ろに傾きすぎたりせずに、まっすぐ立っている状態のことです。

 

 

この骨盤のニュートラルポジションは、自分でもチェックすることができます。

まず、骨盤の左右の高さを確かめる方法ですが、まっすぐ立った状態で鏡を見て、左右の肩の高さや膝の高さに違いがないか、チェックしてみてください。

肩や膝の高さが左右で違う場合は、骨盤の高さも違って、骨盤の左右が水平ではないそうです。

次に、骨盤の傾きを確かめる方法ですが、骨盤の前方のでっぱりと恥骨のラインがまっすぐ(床に対して垂直)のとき、骨盤がまっすぐ立っていることになります。

 

 

…と言われても、よく分かりませんよね?今からご説明します!

腰に両手を当てると、左右の前方に骨盤のでっぱりがあると思います。

そのでっぱりに手の平の付け根を当てて、指先を下に向けてお腹の上で三角形を作ってください。

その際、両手の中指同士がぶつかるところが恥骨になります。

この両手で作った三角形の面が床に対して垂直になるのが正しい状態です。

この三角形の面が床に対して垂直ではなく、どちらかに傾いている場合、骨盤も傾いていることになります。

 

 

どうでしたか?

みなさんの骨盤の位置はどうなっていましたか?

来週は骨盤の前傾タイプ、後傾タイプそれぞれの特徴について、一緒に勉強していく予定です。

では、また来週!

 

 

S字カーブの重要性

みなさん、こんにちは。彩夏です!

今回のお話のテーマは「S字カーブの重要性について」です。

これまで何週にもわたって姿勢のことをお伝えしてきましたが、その中で背骨のS字カーブについてたくさん触れてきました。

そこで今回は、人間の背骨がS字カーブを描く重要性について    一緒に勉強していきましょう!

 

 

今まで何度も骨盤の傾きが正しく、背骨が正しいS字カーブを描いていれば、それは正しい姿勢だというお話をしていたと思いますが、そもそも骨盤の傾きや背骨のS字カーブがどのような状態が理想なのか、よく分からないですよね?

今からご説明します!

人間の背骨には、頸椎(首のカーブ)胸椎(背中のカーブ)腰椎(腰のカーブ)、その下に仙骨と尾骨があり、背骨全体で ゆるやかな3つのカーブを描いています。

そして、首のカーブは少し前に湾曲(反る)背中のカーブは やや後ろに弯曲(丸まる)腰のカーブ前に湾曲(反る)、 骨盤はやや前傾している状態が正しいとされています。 

 

 

背骨にあるこの3つのカーブのおかげで、人間は体重の10分の1程度の重さがあるとされる自身の重い頭をしっかり支えることができるのです。

また、飛び跳ねたり、普通に歩いたりする際に地面から伝わる頭への衝撃も、この背骨のS字カーブがクッションの役割を果たすことで衝撃を吸収してくれているのです。

 

 

このS字カーブが消失している「平背」別名:フラットバック という、以前に説明した不良姿勢がどれだけ身体に負荷をかけているか、ご理解いただけたのではないでしょうか。

胸椎部分の丸まるカーブが大きくなると猫背、腰椎部分の反るカーブが大きくなると反り腰など、背骨のカーブが大きくなることで不良姿勢が引き起こされ、

反対にこのカーブが全く無くなってしまうと、一見、姿勢はよく 見えるのですが、上記のとおり身体への負荷がかなり大きくなります。

 

背骨は自分では見えないので、自身の背骨の状態を把握するのは難しいと思いますが、以前にご紹介した正しい姿勢チェック方法を試して

頭・背中・お尻・かかとのどこかが壁から離れていたり、腰と壁の間に手の平1枚以上の隙間があったり、反対に隙間が全く無いというような場合は、背骨のS字カーブが大きくなりすぎているか、背骨のS字カーブが消失している可能性があるので、何度もお伝えしていますが、まずはお家の壁で姿勢のチェックをするところからやってみてくださいね!

では、また来週!

 

 

スウェイバック姿勢とは?

みなさん、こんにちは。彩夏です!

今回のお話のテーマは「スウェイバック姿勢について」です。

先週、先々週に引き続き、今週も姿勢のお話です。

今回は日本人に多いとされる不良姿勢「スウェイバック」についてみなさんと一緒に勉強していこうと思います。

 

 

スウェイバック姿勢というのは一見、猫背と反り腰が混ざったような姿勢に見えます。

しかし、反り腰は通常、骨盤が前傾しているのに対して、スウェイバック姿勢は骨盤が後傾しています。

 

 

ではなぜ、骨盤の傾きが真逆である反り腰とスウェイバック姿勢が同じような姿勢に見えてしまうのでしょうか?

その答えには、スウェイバック姿勢における骨盤や股関節の位置が関係しています。

 

スウェイバック姿勢では、骨盤や股関節などのお腹・腰周りがかなり前方へスライドしています。

そのため、お腹がポッコリと前に出てしまい、反対に背中などの上半身は後ろに引かれて丸まった状態になり、姿勢のバランスを取るために頭は前に突き出てしまうのです。

 

 

背中が丸まって頭が前に突き出ているので、猫背ではあるのですが、それに加えて、お腹・腰周りが前方へスライドし、更には膝が曲がっているので、身体全体でS字カーブを描いているような姿勢に見えます。

そのため、腰自体は反っていなくても、身体全体でカーブを描いているので、一見すると反り腰ように見えるのです。

 

 

しかし、先程もお伝えしたように、反り腰とスウェイバック姿勢では骨盤の傾きが真逆なので、この2つの不良姿勢を改善するためのアプローチ方法は異なります。

自分は反り腰だと思い込んでいた人が、実はスウェイバック姿勢だった!ということはよくあるんだそうです。

 

 

反り腰の身体への悪影響ももちろん深刻ですが、スウェイバック姿勢はポッコリお腹、巻き肩、猫背、ストレートネック、がに股など本当に様々な身体の歪みを引き起こしてしまう不良姿勢です。

まずは自分がどの不良姿勢なのかをしっかりと把握し、自分の不良姿勢にあったアプローチをしていきましょう!

では、また来週!

 

悪い姿勢を知ろう!

みなさん、こんにちは。彩夏です!

今回のお話のテーマは「悪い姿勢の特徴を知ろう!」です。

前回に引き続き、姿勢のお話をしていきますが、今回は「悪い姿勢」についてみなさんと一緒に勉強していこうと思います。

 

 

人間の姿勢には、背骨のカーブ(通称S字カーブと呼ばれるもの)と骨盤の傾きが大きく影響しています。

骨盤の傾きが正しく、背骨が正しいS字カーブを描いていれば、前回お話した「正しい姿勢」というものが自然にできるのだとか。

 

 

しかし、この骨盤の傾きや背骨のS字カーブは人によって個人差があります。

そのため、「悪い姿勢」と一口に言っても、悪い姿勢にはたくさんの種類があります。

たくさんある中でも、みなさんがなりやすい「よくある悪い姿勢」というものもあるので、今回はその悪い姿勢をいくつか紹介させていただきます。

 

 

1つ目は猫背です。

これはみなさんもよくご存知なのではないでしょうか。

頭が前に出ていて、背中の部分が丸くなっている姿勢です。

猫背には骨盤が後傾しているタイプの猫背と、骨盤が前傾しているタイプの猫背があり、猫背と一括りにしても、骨盤の傾き方は人それぞれ違うのです。

そして、猫背は見た目が良くないだけではなく、内臓が圧迫されたり、様々な身体の不調の原因となっています。

 

 

2つ目は反り腰です。

これもよくある悪い姿勢の一つです。

骨盤が前傾していて、その名の通り腰が反った姿勢のことです。

腰痛になりやすく、背中や首の痛みの原因にもなります。

 

 

3つ目は平背(へいはい)です。

これはあまり聞き馴染みがない言葉かもしれませんね。

背骨に本来あるはずのゆるやかなS字カーブが消失してしまった姿勢のことを指します。

平背になる原因は様々ですが、最も多いのはイスに浅く腰掛ける癖が骨盤を後傾させすぎてしまうことが原因です。

平背は一見良い姿勢のように見えますが、実は猫背以上に身体にかなりの負担がかかっています。

 

 

上記以外にも、日本人によく見られる「スウェイバック」と呼ばれる不良姿勢もあるのですが、これは説明が難しいのでまた次回ご紹介します!

では、また来週!

【更新】緊急事態宣言の延長に伴うお知らせ

日頃よりパルスポーツクラブ6・3をご愛顧賜り、誠にありがとうございます。

多数の制限が掛かる中でも多大なるご協力をいただき、重ねてお礼申し上げます。

愛知県の緊急事態宣言の延長が決定されましたので、今後の営業についてご案内させていただきます。

当クラブでは、緊急事態宣言の発出に伴う愛知県からの20時までの時短要請の指示に従うことで感染拡大の防止に努めさせていただきます。

会員の皆様には大変なご迷惑とご不自由をお掛けいたします。

急なご案内となり大変申し訳ございません。

 

【対象期間】

6月1日(火)~6月20日(日)

【運動エリアご利用時間】

火~金曜日 10:00~20:00
※退館時間は21:00までに変更とさせていただきます。
土・日曜日は通常営業となります。
※5月29日(土)・30日(日)は休業要請の対象のため休館

【プログラム】

別紙タイムテーブルをご確認ください。
チケットの有効期限についてはフロントまでお問い合わせください。

 

なお、政府の要請や社会情勢により変更を余儀なくされることも十分考えられます。

一部プログラム、サービスの提供を縮小、停止する場合がございます。その際はあらためてホームページやメール配信にてご案内させていただきます。

 

詳細はホームページまたは館内掲示にてご確認をお願い致します。

正しい姿勢

みなさん、お久しぶりです。

本日からブログ投稿に復活した彩夏です!

また以前のように運動の事や身体の事、たまに雑学など、読んでいただいているみなさんの為になるような事柄をこのブログを通して発信していけたらと思っています。

改めまして、よろしくお願いします!

 

今回のお話のテーマは「正しい姿勢を知っていますか?」です。

みなさんは普段からここロクサンで運動されているので、正しい姿勢への意識が高い方が多いのではないでしょうか?

 

もう既に自分で「正しい姿勢」というものを理解して実践している方もみえると思いますが、ここで正しい姿勢のポイントを一緒に再確認していきましょう!

知らなかった!という方がいましたら、ぜひ今後の生活で意識してみてください!

 

正しい姿勢というのは、身体を横から見た時に

「⽿→肩→股関節→ひざ→くるぶし」が一直線上にある状態のことを指します。

また、正面から見た時には

左右の「⽿、肩、⾻盤、ひざ」の⾼さが平行になっていることがポイントだとか。

一人でも確認できる方法があるので、試してみてください!

 

正しい姿勢チェック方法

 

まず、お家の中の壁を背にして、いつも通り立ってみてください。

この時、「後頭部・背中・お尻・かかと」の4点が壁についているかどうか、さらに、背中と壁の間に⼿の平くらいのスペースがあるかどうか確認しましょう。

上記の通りであれば、あなたは正しい姿勢ができています。

 

次のような状態だと、正しい姿勢とは言えないそうです。

・背中と壁の間に⼿の平が2枚以上⼊る

・背中と壁の間にこぶしが入る

・背中と壁の間に⼿の平が⼊る隙間がない

・背中はつくが、後頭部やかかとがつかない

 

みなさん、どうでしたか?

正しい姿勢というのは、普段から繰り返し意識することで身につくそうなので、気付いたときに壁で姿勢をチェックする癖をつけてみてはいかがでしょうか。

では、また来週!

 

土日休業についてのお知らせ

皆さんこんにちは!

日頃よりパルスポーツクラブ6・3をご利用いただき誠にありがとうございます!

多数の制限が掛かる中でも多大なるご協力をいただき、重ねてお礼申し上げます。

愛知県の感染者数が厳しい状況でより一層規制を強化する必要があるとのことで、緊急事態宣言の措置で新たに休業要請が追加されました。

当クラブでは、緊急事態宣言の発令に伴う愛知県からの20時までの時短要請に加えて、土・日曜日の休業要請に従うことで感染拡大の防止に努めさせていただきます。

急なご案内となり、大変申し訳ございません。

詳細はホームページをご覧ください。

 

6月(6/1~6/15)のレッスン予約は5月28日(金)10:00~開始となりまのでお間違えないようお気を付けください。