「運動」カテゴリーアーカイブ

激闘!

みなさん、こんばんは!

金曜日担当の永谷です。

 

 

先日2月11日(月)にサンフロッグ春日井にて、ロクサンでは今年初のマスターズ大会に参加してきました!

今年も多くの参加者とともに、楽しく熱く盛り上がってきました!!

 

今回最も熱かったのは、競技最後に行われた4×50Mフリーリレーです!

選ばれし4名のスイマーが自由形で最速を決めます。

今回、元スタッフ中村と会員さまとともに僕も参加させていただきました。

1泳の中村の順調なスタートともに始まり、2泳に引き継ぐとそこからの猛追!

3泳の僕のところでは、ほぼ横一線のこう着状態での引継ぎになりました。

正直、こんなに競うとは思っておらず飛び込む前は「どうにでもなれ!」との気持ちで飛び込みました。

以前も話したかもしれませんが、どうしても飛び込みが下手な僕は、顔からダイブ!

浮き上がって進むと、隣のレーンの方が少し前に出ているのが分かりました。

「自分のせいで離されまい!」と、死に物狂いでギアをあげました。

なんとかギリギリまで離されず、引継ぐことができました。

最後の最後のタッチの差で惜しくも3位銅メダルで2位には届きませんでしたが、白熱した勝負ができました!

みなさんにも見てもらいたかったです!!!

 

 

ちなみに・・・、個人の記録はといいますと!

 

50M平泳ぎ   37秒05  3位 銅メダル

 

でした!!

いや、自分が一番驚きました!

今回は4名の参加者がいたので、正直諦めていましたが、粘って勝ち取ることができました!!!

さらに、タイムはほぼ1秒近く縮めることができました。

次回の目標のハードルが高くなってしまいましたね(^_^;)

 

さて、今度の直近のマスターズの大会は4月29日(月)の祝日に行われる日本マスターズです。

短水路の25Mプールですので、普段ロクサンで泳いでいる方ならぜひぜひ参加してみましょう!!

会場も安城と近いので、興味があれば永谷までお聞きください。

柔軟性

 

こんにちは!火曜担当の加藤です。この時期は寒いというワードから逃れることはできませんね。寒くなると身体が硬くなりますよね。今日は身体の柔軟性についてお話しします。

身体を柔らかくすることによって得られるメリットを挙げていきます。

・身体を動かすことが楽になる

関節の動きがスムーズになり、可動域が広がるので歩く・走る・投げる・蹴るといった動作が楽に行え、楽しく身体を動かすことができます。

・基礎代謝が上がり、痩せ体質に

基礎代謝が、上がれば、日常で消費されるカロリーが増え、脂肪燃焼しやすくなるので、太りにくく、痩せやすくなります。

・運動や日常動作で怪我をしにくくなる

身体を柔らかくしておくことで、スポーツの時だけでなく日常生活の中で思わず起きるアクシデントでの怪我を防ぐことができます。また、身体の柔軟性をもっていることで怪我の程度を抑えることができるのです。

・血行改善

柔軟性が高いと筋肉を動かして代謝を高めるだけでなく、筋肉のもつポンプ作用を利用して血行を改善させます。血行が良くなると手先や足先の冷え性改善にも繋がります。

・肩凝り、腰痛改善

筋肉のハリやコリなどは、肩凝り腰痛の大きな原因の1つです。
身体の柔軟性がないと関節により大きな負担がかかり、痛みを引き起こすこともあります。
筋肉や腱が伸びることで、関節への負担を減らし、肩凝り、腰痛を緩和、改善させることができます。

運動前・運動後のストレッチをしっかりと行って柔軟性を高めましょう!

衰えていく筋肉

こんにちは!火曜担当の加藤です。

ロクサンに来られる皆さんはしっかりと運動をして筋肉がついていますよね。人間の体は運動をしないとどんどん筋肉量が減っていきます。統計によると年に1%減ると言われています。また、年齢を重ねるごとに筋肉は衰えていきます。

今回は衰えやすい筋肉を紹介していきます。

・大腿四頭筋

太ももの前部分です。とても大きな筋肉なので衰えると基礎代謝が落ちやすくなります。

・上腕三頭筋

衰えると筋肉量が少なくなり、代わりに「振袖肉」という表現で二の腕の贅肉が現れます。

・大臀筋

お尻の筋肉です。筋肉が落ちるとお尻もたれてきてしまいます。

・大腰筋

大腰筋は骨盤を安定させる役割を持つインナーマッスルです。

衰えるとどうなるのか

基礎代謝が落ちる、太りやすくなる、姿勢が悪くなる、疲れやすくなるなどといったことが起こります。

ただ心配しないでください!ロクサンに来てしっかり運動していれば、防ぐことや改善が可能です。楽しく運動をして健康を手に入れましょう。

体幹

みなさんこんにちは!火曜担当の加藤です。皆さんがロクサンのレッスンやトレーニングにおいて聞く言葉の中に、体幹というワードがよく出てくると思います。では、体幹という言葉はどのような意味で、また鍛えるとどのような効果があるかわかりますか?

今日は体幹についてお話ししたいと思います。

体幹とは、文字通り体の幹のことですが、どこに相当するのかは分かりにくいですよね。

そこで英語の呼び名「CORE(コア)」と言い換えると分かりやすくなります。つまり、体幹には、「芯」・「核心」という意味があるのです。具体的には体の芯となる筋肉や関節などを指しますが、明確な定義がないため、人によってその範囲が異なります。体幹の場所は、簡単にいえば人の胴体部分のことです。

では、体幹を鍛えることで得られる効果を見ていきます。

・腰回りの筋肉が鍛えられ「ぽっこりお腹」が改善される

例えば、ぽっこりお腹になってしまっている人は、腰回りの筋肉が衰えていて、内臓を支えきれなくなっている場合が多いです。このような人は、体幹トレーニングをしっかり続けて行うことで、腰回りの筋肉が鍛えられ、ぽっこりお腹が改善されるでしょう。

・内臓が正しい位置になり便秘などが改善される

腰回りの筋肉が鍛えられると、ぽっこりお腹の改善だけでなく、内臓の位置が正常に戻るメリットもあります。これにより、内臓のズレによって生じていた便秘や消化不良などの改善も期待できます。

・姿勢がよくなる

体の中心部分の筋肉が鍛えられれば、全身をしっかり支えられるようになるため、姿勢がよくなります。姿勢がよくなれば、結果として、腰痛や肩こりなどの症状の改善も期待できるでしょう。

・体のラインが美しくなる

美しいボディを目指したい場合も、体幹トレーニングが有効です。体幹には、外側の筋肉「アウターマッスル」と内側の筋肉「インナーマッスル」がありますが、これらを両方鍛えることで、姿勢がよくなるだけでなく、健康的で美しいボディラインを作ることができます。

他にも様々な効果があるので、積極的に体幹を鍛えましょう。

握力

こんにちは!火曜担当の加藤です。10月に行われた体力測定で、握力の種目がありました。

皆さんはやられましたか?

僕はアームレスリングをやっていて、握力がかなり強いのだろうと思われていた人もいると思います。しかし、実際は大した強さはありません。意外に思うかもしれませんが、アームレスリングに握力は関係ないのです。手を握ることのできる力があれば十分です。

ただ、握力はあって損がない力です。なので握力の鍛え方を紹介したいと思います。

基本的に、握力を鍛えるためには肘から下の腕である前腕筋を鍛えることが必要です。

・ハンドグリッパー

アスレチックジムにもおいてある握力を鍛える器具です。10回程度が限度の重量を目安にしましょう。握りこんだら1秒間静止しましょう。

・リストカール

1. ダンベルを両手に持ちベンチに腰掛ける
2. 手のひらが上に向いた状態で手首を膝の上に置く
3. 手首を上にかえす
4. 3を繰り返す

1セット8~12回を3セット繰り返してください。重量を重くしすぎると手首を痛める原因になるので注意しましょう。

握力を支えている前腕筋の回復は、ふくらはぎと腹筋と並んで早いので握力トレーニングはほぼ毎日行っても問題ありません。筋肉痛の時にトレーニングを行わないということさえルーツとして守りましょう、筋肉痛が治るまで待つのが正解です。

その他に懸垂も握力を鍛えることが出来ます。握力の鍛え方には様々な方法があるので、自分にあったものを見つけて握力を強くしましょう。

体脂肪の役割

 

 

こんにちは。

日曜日担当の西藤です。

今週もご覧いただきありがとうございます。

今日の我が家の子です。

 

今日は体脂肪の役割についてお話させて頂きます。

 

脂肪と聞くと少し嫌な気にもなりますが、体脂肪は少なすぎても身体に良くありません。

痩せてきれいになりたいと思うことから、必要以上に脂肪を落としてしまう方もいるかと思います。

しかし、適度な体脂肪は健康を維持する上で大切です。また女性にとっての脂肪は、妊娠・出産のために重要となります。

体脂肪には、内臓脂肪と皮下脂肪があります。エネルギーを貯蔵する役割はどちらにもありますが、違った役割も持ち合わせています。

 

内臓脂肪

外からつまめない内臓のまわりに蓄積

エネルギーの一時的な貯蔵(消費カロリーなどにすばやく対応)

内臓を正しい位置に保つ

衝撃から身を守るクッションの役割

 

皮下脂肪

外からつまめる腰まわり、おしり、太ももなど皮膚下に蓄積

長期的なエネルギーの備蓄や放出(消費カロリーなどにゆっくり対応)

体温の保持

衝撃から身を守るクッションの役割

 

内臓脂肪は、日々の活動に使われるエネルギーを簡単かつ速やかに出し入れできるものです。

皮下脂肪は、エネルギーを長期的に備えることができます。

内臓脂肪は、皮下脂肪に比べて代謝が早く、蓄積もしやすいですが、食事制限や運動を心がけるだけで比較的減りやすいです。

日々の運動、食生活を見直せば、案外簡単にズボンのウエストが緩くなったというような感じで効果が現れるので、内臓脂肪は皮下脂肪よりも速やかに減りやすく、努力次第で変化の出る脂肪組織といえます。

もう一度、ご自身の生活を見直してみてはいかがですか?

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

来週もよろしくお願いいたします。

三河マスターズ

みなさん、こんばんは!

金曜日担当の永谷です。

 

10月28日(日)に愛知産業大学三河高校にて、マスターズ水泳大会「三河マスターズ」が開催されました。

昨年に引き続き、2回目の参加となりました。

今年は自由形の25mと50mにエントリーをしてきました!!

25mの自由形は初挑戦なので、タイムが気になるところです・・・。

50mは昨年も参加していますので、自己ベスト更新なるか!?と1年の成果を発揮するチャンスでした。

 

 

はたして結果は・・・・??

 

 

男子 自由形  25m   13秒49

 

男子 自由形  50m   30秒31

 

 

タイムとしては練習でのベストに近いタイムでした。

ただ、普通なら競技用水着や飛び込みでタイムは縮むはずなんですが・・・。

 

マスターズに参加している方ならご存知の方もいると思いますが、

僕、飛び込みが得意ではないんです・・・(+_+)

 

本来はイルカのジャンプのように手から綺麗に入水するはずが、水面に対して身体が平行に上からドボンッ!と落ちるように飛び込んでしまうのです(^_^;)

そのため、レース後は胸の周りが真っ赤になって帰ってきます。

ちょっと恥ずかしいですが・・・。

 

 

それでも、昨年よりタイムが良かったので、泳ぎとしては成長を実感しています。

50mを30秒切る報告ができるように頑張ります!!!

 

 

2018年のマスターズ大会はこれで終了となります。

参加されたみなさんお疲れ様でした!!!

 

 

もし、水泳に興味のある方がいましたら、来年は一緒にマスターズ大会に参加してみませんか??

詳細はマスターズ担当の青山、永谷までご相談ください!

みなさまのご参加お待ちしております。

プールレッスン

こんにちは。

日曜日担当の西藤です。

今週もご覧いただきありがとうございます。

今日の我が家の子です。

IMG_8733

可愛すぎるエルとマイケルです。

 

今日はプールレッスンについてお話しさせて頂きます。

プールに 「これからの冬寒いから行かない」 と決めつけていませんか?

プールでの運動には、メリットがたくさんあります。

水の中にいるだけでもカロリーと脂肪を燃やしてくれますし、

陸にいるときと同じ動きをすることで、2倍の効果を得ることもできます。

そして、関節が痛い方や振動による痛みがある方にも、痛みを軽減して運動できるメリットもあります。

 

普段プールに行ったことがない方や不安がある方は、まず初心者マークのついているレッスンや、星が1つのものがオススメです。

本当は泳げるようになりたいと思ってるけど「不安で行きにくい」という方もご安心ください。

初心者向けのレッスンや、25メートル完泳を目指すクラスがあります。

 

ちなみに私は、

火曜日 12:00~12:45  らくらくクロール、背泳ぎ

水曜日 20:00~20:30  らくらくクロール、背泳ぎ

金曜日 20:00~20:30  アクアウォーク

土曜日 20:00~20:30  らくらく平泳ぎ、バタフライ

のレッスンをしています。

 

また水曜日の21:30~22:00は、ACT(アクアコミュニケーションタイム)といって、皆さんのお悩みを聞いたり、泳ぎ方、歩き方などを見たり質問にお答えする時間があります。

是非、少しでもプールに行こうかなと思う方は、一度お越しください。

お待ちしております。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

来週もよろしくお願いいたします。

突き指

こんにちは。

日曜日担当の西藤です。

今週もご覧いただきありがとうございます。

今日の我が家の子です。

IMG_2955

隠れるマイケル!!可愛いです!!

 

今日は突き指についてお話させて頂きます。

皆さんも一度はなったことがあると思いますが、突き指だから大丈夫と思うのは良くありません。

もしかしたら骨折という事もありますので、油断はできません。

 

そもそも突き指とは、

指の腱や靭帯、関節などを傷める怪我の事を指します。

骨折とは、

外部から強い衝撃を受ける事で、骨に変形や破壊が起こり、骨の組織のつながり絶たれた状態をいいます。

 

〇突き指と骨折の見分け方

どちらも傷みや腫れは似たようにあるのですが、骨折は突き指よりも腫れや痛みが強く出やすいです。

突き指の場合は、最初の痛みは強いのですが一週間前後で痛みがなくなり治ります。

また骨折の場合、関節の向きが変わっていたり、関節ではない別の部分にも腫れと痛みがある場合もあります。

骨折でも痛みが弱いこともあるのですが、数日続く場合は骨折の疑いがあります。

痛みが長引くようであれば、専門の医療機関で診察してもらいましょう。

 

〇突き指をしたときの応急処置

① 損傷部位を動かさずに冷やします。

② 患部を冷やしながらテーピングなどで固定します。

③ 固定をしたら、心臓より高い位置で保ちます。

痛みや腫れを最小限にできます。

 

〇病院へ行くべき症状

・指の変形

・指を動かす事ができない

・指の太さが2倍ほどになっている

・内出血がある

・大きな痛み

 

突き指の場合は1-2週間ほど固定していれば完治します。

骨折の場合はギプスなどで約1ヶ月ほど固定する事で回復します。

指の状態によっては手術が必要になることもあります。

 

突き指をした際は、この記事を思い出して頂けたらと思います。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

来週もよろしくお願いいたします。

バランスボール

 

みなさんこんにちは!火曜担当の加藤です。

いよいよ10月から僕が初めて受け持つレッスンのバランスボールが始まります。とっても緊張しますが会員の皆様と一緒に愉しみながらできたらなと思います。

今日はそのバランスボールを行うことによって得られる効果についてお話しします。

歪み解消

体幹部だけではなく、普段使わない小さな筋群を使用します。小さな筋群を鍛え、身体のゆがみを矯正することが出来ます。

ダイエット・脂肪燃焼効果
普段意識して使うことができないインナーマッスルを鍛えることが出来ます。このバランスボールを使ったエクササイズを行うことで、体は確実に脂肪を燃やしやすいカラダになり、ダイエット効果もあります。

腰痛軽減
腰痛の方は腹筋や背筋が弱いという場合が多いです。バランスをとろうとすると無意識に普段使わない筋肉を使い、知らず知らずのうちに腹筋、背筋を鍛えてくれ、腰痛を緩和してくれます。

どうですか?これだけ見たらもうやりたくなりますよね。バランスボールは、個人の運動レベルによって自由に強度を変えることが出来るので、初心者からプロのスポーツ選手までどんな人でも行う事が出来るのも魅力の一つです。つまり僕のバランスボールのレッスンはどなたでも気軽に参加することができます。

レッスン時間は木曜日の午後3時20分から3時50分までの30分間です。ぜひご参加ください。