「日常」カテゴリーアーカイブ

冬の夜

 

こんにちは!火曜担当の加藤です。冬の夜はとても寒いですよね。寝ていても寒さで目覚めたり、トイレが近くなって起きてしまうこともあると思います。

そこで今日は、寒い冬に頻尿になりやすい原因と対策をお話しします。

原因

1.尿の量が増える

私たちの体は、3分の1が水分で出来ています。水分の補給は口から飲むことで行いますが、排泄の方法には2通りあります。1つは排尿、もう1つは皮膚からの排泄です。皮膚からの排泄は、体温調節のための発汗、呼吸による水分蒸散、皮膚からの水分蒸散の3種類ですが、気温が低いといずれも量が少なくなります。そのため、皮膚から出る水分が少なくなる分、尿によって排出する水分が増えます。

2.末端の血管が縮む

冷えによって手足など末端の血管が収縮します。末端の血管が縮むと体幹の血液量が増えるため、排出する尿量も増えることになります。

3.膀胱の筋肉が縮む

寒さが刺激となり、膀胱の筋肉が収縮することも、トイレが近くなる原因となります。

寒さによる「身震い」も尿意を催すきっかけです。寒いと、ブルッと体をこわばらせて震えることがありますよね。これは、筋肉に収縮を起こさせることで酸素を燃やし、体に熱を発生させる生理作用です。この身震いの時に膀胱も一緒に収縮するために、尿意を感じやすくなります。

対策

まずは防寒対策です。かいろや湯たんぽなど、身体を暖めるものを使いましょう。そして水分を取りすぎないようにしましょう。1日に1.5~2リットルほどが目安とされています。さらにコーヒーやお茶など、カフェインの入った利尿作用のある飲み物を少し控えましょう。

質の良い睡眠をとるためにも、夜の頻尿への対策をしていきましょう。

美肌作り

こんにちは。

日曜日担当の西藤です。

今週もご覧いただきありがとうございます。

今日の、我が家の子です。

FullSizeR (027)

美しいエルちゃん♂です。

 

今の季節、肌の悩みがある方、いらっしゃると思います。

しかし、なんとなくこれが良さそうだからという理由でケア用品を選んでませんか?

今日は悩める肌別の有効成分についてお話させて頂きます。

 

にきび肌には

・ビタミンC誘導体(ニキビの炎症を防ぐ抗酸化作用やメラニン産生を抑制する)

・イオウ(アクネ菌の繁殖・殺菌作用がある)

・サリチル酸(ピーリング作用で肌のターンオーバーを促進する)

・グリチルリチン酸ジカリウム(ニキビの悪化を防ぐ抗炎症作用が期待できる)

・大豆イソフラボン(毛穴の詰まりにくいお肌を作り、ニキビの発生を予防する)

 

しみ、そばかす肌には

・ビタミンC誘導体(肌の奥に浸透してビタミンCへと変化してメラニンを抑制する)

・トラネキサム酸(ニキビ跡や肝斑にも効果が期待できる)

・ハイドロキノン(メラニンの生成を抑制する)

・アルブチン(メラニンの合成を阻害する)

・プラセンタ(メラニンの生成を抑えてターンオーバーを促し、コラーゲンを生成する)

 

乾燥、しわが気になる肌には

・セラミド(外部からの刺激を和らげる)

・ビタミンC誘導体(コラーゲンを促す作用があり、弾力のある肌を保つ)

・ヒアルロン酸(水分の蒸発を防ぐ)

・フラーレン(高い保湿作用に加え、肌の老化を進める活性酸素の働きを抑える)

 

たるみ肌には

・ペプチド(外部刺激によって引き起こされたダメージが回復しやすくなる)

・コラーゲン(肌に膜を作り出し、水分を逃がさないように保湿する)

・エラスチン(コラーゲンと結びつき、肌内部に張り巡らされた中に、ヒアルロン酸の潤いが満たされることによってハリを保つことができる)

・プラセンタ(コラーゲンやエスラチンの生成を促進させる因子が含まれる)

 

このように肌の悩みで使い分けると、効果が出やすいかもしれませんね。

少しでも参考になれば幸いです。

 

今週もお読みいただき、ありがとうございました。

来週もよろしくお願いいたします。

インフルエンザ

皆さんこんばんは!
土曜日担当の尾関です!よろしくお願いします!

ここ数日私の姿を見ていないなぁと思ってくださっている方は何人ぐらいますか?笑

今私は、あのインフルエンザにかかっており自宅に閉じこもっております。。。
しかし熱も下がり、発症した時よりだいぶ良くなっています!!
初めてインフルエンザの辛さを知りました。
もう、絶対かかりたくないですね。

インフルエンザの発症率は今愛知県がNO.1みたいです。皆さんきちんと予防はしていますか?
今とっっても乾燥しているので感染が広がりやすいそうです。

予防としては、ビタミンDを取ることだそうです。
日光に当たる、鮭、きのこ類を積極的に摂取する!を心がけてみてくださいね!!!

ジャグジー

みなさん、こんばんは!

金曜日担当の永谷です。

 

先日、横綱 稀勢の里がついに引退してしまいました。

残念な気持ちはありますが、今度は親方として頑張ってほしいです!

唯一出場している白鵬関には横綱としてまだまだ奮闘してほしいですね!

そして、大相撲の初場所が終わると2月に入ってプロ野球のキャンプインが始まります!

ついこの間オフシーズンだったのに、月日が経つのは早いですね・・・。

昨年の甲子園を沸かせた高校生たちを始め、ルーキーたちに期待していきます!

 

 

スポーツの話題とは話が代わりますが、今日はジャグジーについてお伝えしていこうと思います!

みなさんはプールサイドにジャグジーがあることはご存知ですよね?

ジャグジーの温度は37~38℃で人体にとって不体感温度帯に設定しております。

その温度に設定されている効果が、身体を温めることで血流を促進することです。

37~38℃というぬるめの温度は、副交感神経が優位にはたらくため、血管が拡張して血流が促進され、リラックス状態に導くことができます。

そのため、運動後の疲労回復のリカバリーとして適しています。

また、浮力や水圧がかかることによって、血流をさらに促進、筋肉を弛緩させリラックスさせてくれます。

 

普段プールで泳がれている方や歩かれている方は積極的に浸かることをお勧めします!

また、ジムで運動された方も、水着に着替えてジャグジーに浸かりに行ってみませんか??

先週の出来事!

みなさん、こんにちは!

先日のお休みに1人で小京都の湯へ行き、茶壺の抹茶風呂にのんびり浸かって、そのあとレストランで『湯あがりパフェ』を食べて、休日をしっかり満喫してきた松山です。

よろしくお願いします!

 

 

みなさんの中で、小京都の湯の『湯あがりパフェ』をすでに召し上がられた方はいらっしゃいますか?

西尾の情報誌に色々なパフェが掲載されていて、その中に小京都の湯のパフェも載っていたのですが、あの可愛らしく上品な見た目にすごく惹き付けられて、それが目的で小京都の湯へ足を運びました!笑

image

そして、なんと!見た目だけでなく、味もとっても美味しく、大満足でした!!!

中に入っているクリームとジェラード、スポンジやあんこなどの色々な具材が口の中に入れると、ものすごくマッチして、私はこれまで食べたパフェの中で1番好きなパフェでした!

甘いものが好きな方は是非一度、召し上がってみてください!

 

 

話は変わりまして、先日、ロクサンでも告知をしていたレズミルズイベントにスタッフ何人かでお手伝いに行ってきました!

ロクサンでも昔から導入しているレズミルズプログラム。このプログラムは全世界でとても人気があり、有名トレーナーさんに至っては芸能人並みの人気があります!

その有名なトレーナーさんに交じって我がロクサンのエース、徳田インストラクターと尾崎インストラクターがレッスンをしてきたのです!(尾崎イントラがロクサン以外で働いている会社が主催のイベントでした)

とってもかっこよかったので、みなさんにもその様子をお伝えしたいのですが、写真しかありませんので、写真でご容赦ください。

DSC_0516

DSC_0517

ロクサンの会員様も何人か来てくださっていました。ありがとうございます!

興味のある方は、また次の機会に是非ご参加くださいね!

朝活

皆さんこんにちは!!

土曜日担当の尾関です☆よろしくお願い致します!!

突然ですが、皆さんは朝活をしたことがありますか?

朝活とは、文字の通り朝の時間を利用して、普段できない活動をする。というものです。

朝の時間を利用して、仕事を少し進めておくことや、勉強をしたり、運動をしたりします。

先日、私は朝活をしてきました!!

どういう朝活をしてきたかと言いますと、友人がキャンプ用のガスやフライパンを持っているので、その用意を持って海辺で朝食を作り、食べて朝の時間を海辺でゆっくりと過ごしてきました☆

何とも言えない気持ちよさ!清々しさ!朝の時間をとっっても有意義に過ごすことが出来ました!!その日は1日気分良く過ごすことが出来ました。

邪魔が入りにくい朝の時間帯は集中力が最も高まるといわれ、より仕事効率も上がると考えられています。

いつもより早起きをしなくてはいけませんが、たまには朝活をし、気分を変えてみるのもいいかもしれませんよ☆

いい湯だな♪

みなさん、こんばんは!

金曜日担当の永谷です。

 

年末に温泉に行ってから、また温泉に行きたいなと思う今日この頃です。

温泉に浸かったときの気持ち良さがうまく表現できませんが、すごく気持ちいいですよね(*^_^*)

 

そもそも温泉とは、国による温泉法で定められた定義があります。

1.源泉の温度が25℃以上であること。

または

2.チウムイオン」「水素イオン」「沃素イオン」「フッ素イオン」など19の特定の成分が1つ以上規定値に達しているもの。

だそうです。

温泉と呼ぶことのできる源泉はもしかしたらすぐ近くにあるかもしれませんね。

 

では、温泉にはどんな効果があるのでしょう。

泉質を問わず、効果が期待できるものとして、

・温熱作用による効果…血管を拡張し、筋肉や関節の痛みをやわらげる

・リラックス効果…筋肉の緊張をほぐす、副交感神経を刺激し気持ちをやわらげる

・疲労回復の効果…体温が上昇により血行促進され、新陳代謝が高まる、体内の老廃物の排出を促す

・ストレス解消の効果…精神的疲労の回復、日常からの解放感

などがあります。

 

また、温泉の泉質には多くの種類が存在します。

・単純温泉…刺激が少ない、アルカリ性の温泉のものであれば皮膚の表面にある確執を柔らかくし、お肌をすべ

      すべにする。

・塩化物泉…海水に似た塩分を含む、保温保湿の効果、冷え症、皮膚乾燥に効果的。

・二酸化炭素泉…炭酸ガスを含む、血液拡張作用がある。

など、一部を挙げましたが、まだまだたくさんあるそうです。

 

もし、これから温泉地で温泉に浸るときなど、どの泉質の温泉なのか見てみるのもいいですね!

防寒対策!

みなさん、こんにちは!最近、愛知県も冬は寒いのだなと痛感している松山です。よろしくお願いします!

年末年始に地元の秋田県に帰省して東北の寒さを思い出してきたばかりなので、愛知県の冬は乗り越えられると思っていたのですが、今日の寒さは骨身に堪えました…。

みなさんも防寒対策はしっかりと行い、体調管理には気を付けていきましょう!

 

 

ちなみにみなさんは、身体を温めるための行動と言われれば、どのような行動が思い浮かびますか?

例えば、温かい飲み物を飲んだり、お風呂に入ったりするなどの行動が思い浮かびますよね。

温かい飲み物を買って飲むことくらいは、自動販売機やコンビニが近くにあれば、すぐできる行動だと思いますが、今日のブログでは身体1つですぐにできる身体を温める方法を紹介していきます!

 

 

・かかとの上げ下げ

 かかとの上げ下げをする際に使われるふくらはぎは大きな筋肉の塊で、第2の心臓とも呼ばれています。かかとの上げ下げをすることで簡単かつ効果的にふくらはぎの筋肉を使うことができ、それによって温まった血液が全身に送られるため、身体全体を温める効果があるとされています。

・手のグーパー運動

手先指先の冷えには、グーパー運動が効果的です。手でじゃんけんのグーとパーの動きを繰り返すだけという簡単なものですが、しばらくすると、ぽかぽかしてきます。

 

 

また、カイロなどを持っている場合は、「3つの首」と「大きな筋肉」を意識して、その部分を温めると効率よく身体を温められます。

3つの首とは、「首」、「手首」、「足首」のことです。

ここには太い血管が通っているので、この部分を温めることで、より効果的に全身を温めることができるのです。

 

 

血管がたくさん集まっている大きな筋肉を温めることも、非常に効果的なのだとか。

ちなみに、カイロを貼るのにオススメの場所は「お腹」「腰からお尻にかけて」「太ももの前面」になります。

みなさんもぜひ試してみてください!

あくび

こんばんは!火曜担当の加藤です。眠たいときによくあくびがでるのは当たり前のことですね。しかし、眠くないときにでるあくびはときに身体への危険信号を発しているときもあるのです。まずあくびがどうしてでるのかお話しします。

あくびは、疲れているときなど、カラダやココロが休息を求めて出る生理現象です。脳の働きが鈍くなって酸欠状態のようになると、反射的にあくびがでます。大きく空気を吸い込むことで、新しい酸素を脳に送り、低下している脳の働きを活性化してくれます。また、あくびで大きく口を開くと、あごの筋肉が刺激され、脳に刺激が与えられることも分かってきました。このように、あくびは脳の働きが鈍くなったり、身体の休息が必要な時に起こる「防衛反応」なのです。 

眠気がないのに起こるあくびは、「生あくび」と呼ばれます。緊張やストレス、睡眠障害などで身体や脳が相当に疲れている時に生じます。また、脳梗塞、脳腫瘍、狭心症、更年期障害、低酸素血症といった病気の症状として生じる事があります。さらに片頭痛や乗り物酔いの前兆として「生あくび」が出ることもあります。

普通のあくびは、交感神経が優位な、夢中になっている時や何かに一生懸命取り組んでいる時には出ないものです。むしろ、副交感神経が優位な、疲れたり眠かったりするときに出ます。これに対して、生あくびは緊張していたり具合が悪い時に出るあくびです。いわば、病気などの危険が身体で起こっていることへの警告サインということができます。

たとえば睡眠障害の場合、自分では眠っているつもりでも、無呼吸症候群が発症して身体が休めていなかったりすると、生あくびがでます。この場合、昼間に連続して生あくびがでます。もし思いあたるならば、専門の呼吸器科や内科を受診するようにしましょう。

一方、脳梗塞の場合は脳へ血液や酸素がいかなくて血管が詰まってしまっているので、生あくびといっしょに頭痛やめまい、吐き気などが起こることが特徴です。とくに、1日に何回も出るようなら要注意です。すぐに神経内科などに受診しましょう。脳卒中科という診療科も最近では開設されているそうです。

みなさんも、たかがあくびと見くびらず、少しでも異変を感じたら病院へ行きましょう。

こんにちは。

日曜日担当の西藤です。

今週もご覧いただきありがとうございます。

新年最初の今日の我が子は我が家の子ではなく、親戚の家の子です。

image

チワワのしじみちゃんです。

 

今日は、太りにくいお餅の食べ方についてお話しさせていただきます。

 

お餅1個のカロリー

切り餅2個でごはん茶碗1杯分のカロリーを余裕で超えてしまいます。

皆さんはお正月に何個食べましたか?

 

太りにくくする食べ方

大事なポイントは、血糖値の上昇を穏やかにする食材と組み合わせることです。

 

組み合わせのご紹介

① 野菜と一緒に食べる

食物繊維が含まれる野菜と一緒に食べるのがオススメです。大根おろしは特におすすめです。

他にも食物繊維が多く含まれるきのこや納豆など、自分の好みに合わせるのもいいと思います。

お雑煮に入れる場合も野菜をたくさん入れることをオススメします。

② きなこを付けるなら一緒に牛乳(豆乳)を飲む

 きなこだけだと砂糖の摂取が気になります。

血糖値の上昇を穏やかにする牛乳や豆乳を一緒に飲むことをオススメします。

カルシウムも補給できるので栄養のバランスも整います。

③ 海苔巻餅にする

海苔でお餅が見えなくなるくらいたっぷり巻きます。海藻の食物繊維で血糖値の上昇を緩やかにしてくれます。

インスタントのワカメスープなどでもいいかと思います。

 

ここにあげた方法なら何個食べても問題ないというわけではありません。

参考にしてみてくださいね。

 

今週もお読みいただき、ありがとうございました。

来週もよろしくお願いいたします。